カテゴリー「ラテンアメリカ分室」の記事

2019年8月29日 (木)

ニカラグア人のコスタリカ移住

ニカラグア人のコスタリカ移住

 

本日ある報道で、「ニカラグアからコスタリカに政治的弾圧を逃れて、約3万人が流入した」と報道されました。しかし、実態はどうでしょうか。ニカラグアと対立関係にあるコスタリカ外務省のこの発表を鵜のみにして「政治的弾圧を逃れて」と報道したことには、真実を究明する真摯な態度がうかがわれません。

 

かつて、小生は次のように書いたことがあります。

「なお、コスタリカへの不法入国者の扱いについて、一言触れておきたい。ニカラグアからコスタリカに不法入国した人々は約30万人といわれているが、これらの人々はニカラグアからの難民ではなく、職をもとめて、またほぼ6倍近いコスタリカの賃金を求めて不法入国した人々である 。コスタリカの雇用者側も、不法入国者を平均賃金よりも安く雇用することができ、双方の必要性が一致して、大量に不法入国したと考えるのが現実的であろう。こうした事例は、年間100万人以上と言われるメキシコからのアメリカへの不法入国などにも見られる現象と同じものである 」。拙稿「最近のコスタリカ評価についての若干の問題」『アジア・アフリカ研究』2002年第2Vol.42, No.1 (通巻364号)、アジア・アフリカ研究所刊

 

現在でも約30万人のニカラグア人がコスタリカに移住しています。また、その他に10万人が違法に滞在し、安価な賃金と差別を受けながら労働に従事しています。昨年4月からの騒擾事件でコスタリカに入国した人数は、約3万人といわれていますが、8割は帰国を希望しているといわれています。脱出への狂乱ブームの中で、経済的理由であるのに、政治亡命なら簡単にビザが出ると思い、コスタリカに入国したものの、仕事が見つからず、帰国しようというものです(19.05.11 Confidencial、保守派の新聞でさえ、このように事実を報道しています)。つまり、「政治的対立」で脱出したものは6,000人程度と思われますし、その内の大多数は、遠からず無罪で帰国できるとオルテガ政権の寛容政策を見越して出国したものでしょう。3万人のうち、7割近くが青年でそれも大卒だったことが、このことを物語っています。

 

2019829日 新藤通弘)

|

2019年8月13日 (火)

米国の反転攻勢及び新自由主義との対決を再確認した第25回サンパウロ・フォーラム

米国の反転攻勢及び新自由主義との対決を再確認した第25回サンパウロ・フォーラム

ダウンロード - 19.08.1020e7acac25e59b9ee382b5e383b3e38391e382a6e383ade383bbe38395e382a9e383bce383a9e383a0.pdf

 

 

25回サンパウロ・フォーラムが、ベネズエラの首都カラカス市で、725日~28日間開催されました。会議には、192の共産党、革新党、市民運動の代表700名余が参加しました。

|

2019年5月14日 (火)

南米の共産党は、ラテンアメリカの現状をどう見ているのか?

南米の共産党は、ラテンアメリカの現状をどう見ているのか?

 

4月28日ウルグアイのモンテビデオで南米共産党会議が開催され、参加した10か国9共産党は、ラテンアメリカ・カリブ海地域の現状を討議し、声明を発表しました。続きは、PDFをお

ダウンロード - 19.05.1120e58d97e7b1b3e381aee585b1e794a3e5859ae381afe38081e383a9e38386e383b3e382a2e383a1e383aae382abe381aee78fbee78ab6e38292e381a9e38186e8a68be381a6e38184e3828be381aee3818b.pdf

 

読みください。

|

2018年9月20日 (木)

CIAの破壊活動マニュアル

昨年4月~7月のベネズエラでの過激なデモ、破壊活動、本年7月~8月のニカラグアでの過激なデモ、破壊活動は、政権側の一定の誤りをついた抗議デモが、急速に過激なデモ、破壊活動に発展し、その後、経済的被害を多くの国民が批判し、収束しました。この事件を考える場合、CIA作成の破壊活動マニュアルが参考になります。
こうしたやり方は、形を違えて、キューバ、チリ、ボリビアなどでも行われました。中南米を米国の裏庭と考え、主権を認めず、内政干渉を行う政策は、ニクソンも、レーガンの、ブッシュ親子も、オバマも、トランプも(無謀すぎますが)、変わっていないのです。続きはPDFをお読みください。「85_cia.pdf」をダウンロード
「85_cia.pdf」をダウンロード


「18.09 ジーン・シャープ非暴力行動198の方法.pdf」をダウンロード

|

2018年8月 3日 (金)

メキシコ、左派勢力圧勝の背景

メキシコ、左派勢力圧勝の背景

▶保守的なメキシコでの左派勢力の勝利
 7月1日ラテンアメリカにおける大国、人口1億2,900万人(世界第11位)、GDP1兆1,407億ドル(世界第15位)のメキシコで、大統領選挙(任期6年)、連邦議会上院(議席128名・任期6年)、下院議員(議席500名・任期3 年)、8州と首都メキシコ市の知事選挙など史上最大の大選挙戦が実施された。結果は、ロペス=オブラドール候補の選挙連合、「共に歴史を作ろう」(左派連合)が、すべての選挙で地滑り的な勝利を収めた。この勝利は、ブラジル、アルゼンチン、エクアドルと左派勢力が政権を失ったり、革新性を失ったりする反転攻勢が続いているラテンアメリカにおいて、左派勢力に変革への確信を蘇らせるものでもある。一体、どうしてこのような歴史的な勝利がつくられたのであろうか。

続きはPDFをお読みください。「18.08.03 メキシコ、左派勢力圧勝の背景.pdf」をダウンロード

|

2018年7月25日 (水)

第24回サンパウロ・フォーラム開催される

第24回サンパウロ・フォーラム開催される

1. 新自由主義と戦い、各国の主権を守った28年の歴史

7月15~17日ラテンアメリカ・カリブ海の左派勢力が結集する第24回サンパウロ・フォーラムが、「地域の団結の強化」をテーマに、キューバの首都ハバナ市で開催されました。会議には、昨今の地域の政治的緊張とキューバ政府の努力もあり、51カ国から112の政党を含む168の政党、政治組織を代表して625名が参加し、かつてない規模となりました。

続きはPDFをお読みください。
「18.07.25 第24回サンパウロ・フォーラム開催.pdf」をダウンロード


|

2018年6月30日 (土)

メキシコ大統領選挙で何が問われているのか

メキシコ大統領選挙で何が問われているのか

ラテンアメリカにおける大国、人口1億2,900万人(世界第11位)、GDP1兆1,407億ドル(世界第15位)のメキシコで、7月1日総選挙(大統領選挙、国会上院・下院議員選挙、9つの州知事、基礎行政区長、市長など)が行われます。開票は翌日です。「18.06.29 メキシコ大統領選挙で何が問われているのか.pdf」をダウンロード


|

2018年6月23日 (土)

今、ニカラグアで起きていること

「18.06.23 今、ニカラグアで起きていること.pdf」をダウンロード

米朝会談で世界の耳目が東アジアに注がれているとき、地球の反対側のニカラグアで大きな緊張状態が起きています。本年4月19日にニカラグア政府の年金改革を巡って広範な市民の抗議が生じて以来、過激な反政府行動が展開され、現在までに警官8名を含め173名が死亡し、2,100名(うち警官200名)が負傷していると報道されています(Prensa Latina 18.06.20)。一体、人口630万人、GDP138億ドルのこの小国で何が起きているのでしょうか。

|

2018年5月 7日 (月)

中南米を巡る情勢の変化とアメリカの介入

中南米を巡る情勢の変化とアメリカの介入
―平和の構築、民主主義の確立、貧困・格差の解消は?―
PDFをお読みください。「18.02.23 中南米情勢講演会.pdf」をダウンロード


|

2017年1月31日 (火)

2016年メキシコ経済速報

国連ラテンアメリカ・カリブ海経済委員会(CEPAL)
2016年メキシコ経済速報

国連ラテンアメリカ・カリブ海経済委員会(CEPAL)は、2016年のメキシコの経済成長率を、2015年に記録された数値、2.5%を下回る2%と推計する。減速の直接的な要因は、米国の製造業部門(メキシコの輸出に密接に結びついている)の不振や、不安定な国際的経済・金融情勢、貿易収入(主に石油部門)と公共投資の減少などである。これらの要因によって、2016年下半期の国内の消費が縮小した。2016年の年間インフレ率は、メキシコ中央銀行が設定したインフレ目標の範囲内(2~4%)の3.3%前後、全国的失業率は、4%(前年の平均は4.4%)と予測する。財政赤字は、GDP比で前年の3.5%を下回る3%前後、国際経常収支の赤字は、GDPの3%前後(前年は2.9%)になるとみなされる。
続きは添付のPDGをお読みください。「17.01.17 CEPAL 2016年メキシコ経済速報.pdf」をダウンロード

|

より以前の記事一覧