カテゴリー「ベネズエラ分室」の記事

2019年6月 3日 (月)

ベネズエラ、何が争点か?

ベネズエラ、何が争点か? 1961日現在

1. マドゥーロ大統領の正当性

ダウンロード - 19.06.0120e38399e3838de382bae382a8e383a9e38081e4bd95e3818ce4ba89e782b9e3818befbc9f.pdf

 

2. グアイドー暫定大統領の正当性

3. 経済危機の現状:厳しい経済状況

4. 人権が著しく侵害されているか?

5. なぜ「人道的危機」と規定するのか

6. 弾圧があるのか?

7. 制裁と内政干渉

8. 外国軍事介入の可能性

9. 米国及びEUの干渉の目的 

10. 国民の支持はどこにあるのか

11. メキシコ・ウルグアイの対話案提出される

12. 真の解決を求めて

 

|

2019年5月31日 (金)

ベネズエラ、真の危機の解決を求めて

与野党は、3月よりノルウェー政府の仲介で対話をする交渉を秘密裏に行って(マドゥーロ大統領Telesur 19.05.29)、5月半ばよりノルウェーで交渉が行われています。続きはPDFをお読みください。

ダウンロード - 19.05.3120e38399e3838de382bae382a8e383a9e38081e79c9fe381aee58db1e6a99fe381aee8a7a3e6b1bae38292e6b182e38281e381a6.pdf

 

|

2019年5月 1日 (水)

ベネズエラで何が起きたのか?

430日早朝、首都カラカスで野党の大衆意志党を中心とする過激派により、クーデター未遂事件が発生しました。このクーデターは、グアイドー国会議長、自宅軟禁を脱出したレオポルド・ロペス大衆意志党党首の首謀のもとに、一部の国家警備隊、国防軍、国家諜報組織の重機関銃で武装した数十人により実行されました。クーデター派は、前日の夕方から、目的を偽ってほとんどの警備隊、軍関係に30日カルロタ空軍基地に集合するように連絡し、多くの軍関係者が到着しましたが、目的が違うと気づき帰還しました。続きはPDFで。

ダウンロード - 19.05.0120e38399e3838de382bae382a8e383a9e381a7e4bd95e3818ce8b5b7e3818de3819fe381aee3818befbc9f.pdf

 

|

2019年4月27日 (土)

どのようにすれば過激な暴力デモを制圧できるのか

朝日の岡田記者によれば、「親米勢力や反米勢力」と、米国側から見た、米国政府に対する態度の二分割で性格規定が行われるようですが、そうした狭い視点では、ラテンアメリカの複雑な動きは理解できないでしょう。問題は親米、反米でなく、米国から自主的な立場をとる政権かどうかということです。

続きはPDFをお読みください。

ダウンロード - 19.03.1420e381a9e381aee38288e38186e381abe9818ee6bf80e381aae69ab4e58a9be38387e383a2e38292e588b6e59ca7e381a7e3818de3828be381aee3818b20.pdf

 

|

ベネズエラ2018年5月の大統領選挙とインフレについて

PDFをお読みください。

|

ベネズエラ、何が問題か?

  • マドゥーロ大統領の正当性
  • グアイドー暫定大統領の正当性
  • 経済危機の現状:厳しい経済状況
  • なぜ「人道的危機」と規定するのか
  • 人権が著しく侵害されているか?
  • 弾圧があるのか?
  • メキシコ・ウルグアイの対話案提出される
  • 制裁と内政干渉
  • 外国軍事介入の可能性
  • 米国及びEUの干渉の目的 
  • 国民の支持はどこにあるのか

 

続きは、添付のPDFをお読みください。

ダウンロード - 19.03.0220e38399e3838de382bae382a8e383a9e38081e4bd95e3818ce5958fe9a18ce3818b.pdf

 

|

2019年2月20日 (水)

ベネズエラに平和を、キューバ大使緊急の訴え

私達は大きな憂慮をもって、複雑さを増す国際情勢と、ラテンアメリカ・カリブに関しては兄弟国ベネズエラ・ボリバル共和国に対する差し迫った軍事侵略のサインが強まっていることとを警告してきました。続きは添付書類をお読みください。「19.02.19 ペレイラキューバ大使の緊急の訴え..pdf」をダウンロード

|

2019年2月 8日 (金)

マドゥーロ大統領に正当性はないのか?

日本のメディアでもほぼ例外なくマドゥーロ大統領が、法的に正当性をもたないと報道しています。国際的には、正当性をもたないということを理由に、米国、リマ・グループ(賛成国は少しずつ減ってきていますが)、EU諸国の大半が、臨時大統領を自己宣言したグアイドー国会議長を正当な大統領と認めています。一方、キューバ、ニカラグア、ボリビア、メキシコ、カリコム諸国、アフリカ連合などは、グアイドー政権を認めていません。続きは、PDFをお読みください。「19.02.07 マドゥーロ大統領に正当性はないのか.pdf」をダウンロード

|

2019年2月 5日 (火)

マドゥーロ政権は、ほとんど国民の支持を受けていないのか

マドゥーロ政権は、ほとんど国民の支持を受けていないのか

マドゥーロ政権が、どれだけ国民に支持されているかについて、いろいろな意見があります。「グアイドー氏の暫定大統領就任を支持する人々が約8割」(アジア経済研究所坂口安紀氏)、あるいは、「国民が飢えている状況で国民の大多数から支持されていると考えることはできないのは常識で当たり前の話」など、マドゥーロ政権は、国民の間でほとんど支持されていないという見解が飛び交っています。
続きは添付のPDFをお読みください。「19.02.05 マドゥーロ政権は、ほとんど国民の支持を受けていないのか.pdf」をダウンロード

|

2019年2月 1日 (金)

無理が通れば道理が引っ込む?(2)

無理が通れば道理が引っ込む?(2)
臨時大統領自己宣言の滑稽なプロセス

前回、無理が通れば道理が引っ込む?19.01.26 で、グアイドー国会議長の臨時大統領自己宣言には、法的根拠が欠けていることを指摘しましたが、今回は、グアイドー氏が、どのような経過から、臨時大統領を宣言するようになったか、その後明らかになった資料加えて見てみます。

続きは、PDFをお読みください。「19.01.31 無理が通れば道理が引っ込む?(2).pdf」をダウンロード


|

より以前の記事一覧