カテゴリー「歴史」の記事

2017年3月12日 (日)

フィデル・カストロの死

フィデル・カストロの死

コロンビア人のノーベル文学賞作家で、フィデル・カストロの親友でもあった、ガブリエル・ガルシア・マルケス(1927-2014)が、「キューバを説明すれば、フィデルが政府首班であると同時に、反対派のリーダーでもあるということだ」と語ったことがあります。確かに、ある歴史が述べたように、「キューバ現代史は、フィデル・カストロ(以下フィデルと略称)の歴史」でもありました。

 そのフィデルが、昨年(2016年)11月25日に亡くなりました。享年89歳でした。一般には1926年8月13日に生まれで享年90歳といわれていますが、実際は多くの研究者が指摘しているように、1年早く進学するために父親が出生登録を書き直したもので、1927年が正確な誕生の年です。フィデルは、26という数字遊びが好きで、生まれたのが13日の倍数1926年、独裁者バチスタのクーデターによる政権奪取が1952年、翌年モンカダ兵営を襲撃して、バチスタに対して立ち上がり反乱ののろしを上げたのが26歳の時で7月26日でした。

 フィデルは、アイゼンハワー(1953-61)から、ケネディ(1961-63)、ジョンソン(1963-69)、ニクソン(1969-74)、フォード(1974-77)、カーター(1977-81)、レーガン(1981-89)、ブッシュ(1989-93)、クリントン(1993-2001)、ブッシュJr.(2001-08)と10人の米国大統領と渡り合い、様々な厳しい干渉を受けながらも、それに屈することなくキューバの主権を守り抜いたことは、大きな歴史的貢献でしょう。11月29日の追悼集会に参加したラテンアメリカ・カリブ海の左派政権の指導者たちが、一様にキューバ革命の存在がなかったら米国の厳しい干渉を受けて政権を維持できていないだろうと述べていたのは、心からの実感でしょう。追悼者の中には、キューバ独立の父と称えられている19世紀末のキューバ人、政治家・思想家のホセ・マルティの目的を実行したものと述べる人々が見られます。

マルティは、死の直前(1995年)に友人のマヌエル・メルカードに宛てた書簡でこのように述べています。
「米国が、アンティル諸島(カリブ海)に手をのばし、さらにより強大な力で、米州のわれらの国ぐにを支配しようとすることを、キューバの独立でもって適時に阻止するのが、私の義務です。そして、わが国とその義務のために、私は、生命をささげる危険に連日さらされているのです」。

 フィデルは、1959年の革命勝利後から1999年までの40年間、キューバ内務省の公開された報告によれば、米政府諸機関により638件の暗殺計画のターゲットになっていました。こうした熾烈な長期に渡る戦いが、フィデルの生涯にわたるものであることを、フィデルは、1958年6月5日ゲリラ戦の同志であるセリア・サンチェスに宛てて次のように述べています。
「(農民の協力者)マリオの家にロケット砲が打ち込まれるのを見たとき、アメリカ人に、彼らが行っていることに高い代償を払わせてやると私は誓った。この戦争が終わった時、私にとって、はるかに長期にわたる大きな戦争が始まるであろう。その戦争を、私は彼らに対して行うつもりだ。それが、私の真の運命となることが私にはわかっている」。

 この時、フィデル達はまだわずか300名で、ゲリラの根拠地にバチスタ軍1万人が、総攻撃作戦を展開していたときで、まだバチスタ軍との戦いの勝利が見通せないときでした。

 フィデルの下で中央企画庁長官として長期間(1976~86)勤務したウンベルト・ペレスが述べているように、「フィデルも人間ゆえいろいろな誤りを犯したが、最初にその誤りを認めるのはフィデルであったし、誤りはできるだけ短期間に目的を達成したいという性急さからでていた」という指摘は興味深いものです。そうした誤りの中には、60年代のラテンアメリカへの革命の輸出、国内経済での市場要素の無視、社会主義・共産主義の並行的円設論、同性愛者の強制収容所(UMAP)への隔離、1980年代の農民の自由市場の閉鎖、2000年代の半数の製糖工場の閉鎖などがあげられるでしょう。

 しかし、フィデル自身は「革命は歴史的時期に意味があり、改革されるべきはすべて改革しなければならない」(2000年)という改革の意識を生涯維持していました。また、2005年には、キューバ社会の歪んだ状況を見て、「悪習、横流し、汚職、不平等、不公正が社会にはびこっている、このまま続けば、われわれ自身で革命を倒壊させると」と率直に認めました。

 フィデルへの個人崇拝については、いろいろな演説や文章の中でフィデルを称賛する者が少なからずありましたし、フィデルもそれを容認していましたが、晩年は、「『世界のすべての栄光は、とうもろこしの実の一粒に入ってしまう』というマルティの言葉を守り、死後は火葬にふし、銅像、記念碑、道路・建造物への命名をしないようにという遺言をラウルに残しました。遺灰は、サンティアゴ・デ・クーバのマルティの墓の横に葬られました。

(新藤通弘)

|

2016年5月31日 (火)

舛添知事とフィデル・カストロ


子どものころ、「ナポレオンはなぜ赤い(ここを強く発音する)ズボン吊りをしていたのか?」というクイズで遊んだことがあります。赤いという形容語はズボン吊りと論理的必然関係はありませんし、質問の本質ではなく、ズボン吊りが質問の本質であることはいうまでもありません。

そんな子供じみた論理遊びが、舛添都知事により行われているのをみると苦笑を禁じ得ません。「厳しい(知事はここを強く発音)第三者の目で精査していただきます」、「元検事(知事はここを強く発音)の弁護士に調査を依頼しました」といって客観的な調査が行われるかのように、説明しています。形容語である「厳しい」と第三者の目には論理的必然関係がありませんし、「元検事」であることと客観的な厳しい調査の実施にも論理的な必然関係はありません。逆に「元検事」でない弁護士の調査は甘いとでもいうのでしょうか。ナポレオンの赤いズボン吊りの類です。

舛添知事は、高級ホテルに宿泊せずに、海外で要人に会いたいと要請すると、その程度の人物かと思われて会ってくれないと陳腐な見解を述べています。普通海外の一流政治家であれば、ニューヨーク州知事、ニューヨーク市長という役職で判断するもので、宿泊施設の水準は問題になりません。東京都知事という肩書が尊重されるのはいうまでもありません。それとも東京都知事と肩書に、それほどの栄誉と責任を認めないのでしょうか。そうであれば、都民をバカにしていることになりませんか。

1960年9月、フィデル・カストロ首相が、国連総会に出席のためニューヨークを訪れましたが、すでに米国では反キューバの世論が高まっており、ニューヨークの中心街にホテルは、キューバ代表団の宿泊を受け入れませんでした。マンハッタンのホテル・シェルバーンは、現金の前金を要求し、キューバ側はそれを拒否。その際、貧困地区ハーレムにあるホテル・テレサがカストロ首相と代表団(約90人)を招待し、無料で宿泊施設を提供しました。フィデルは、ホテル・テレサに宿泊するとともに、そのホテルで当時の黒人運動の指導者、マルコムX、フルシチョフ、ナセル、ネルーなどと歴史的な会談を行いました。舛添さん、あなたのいっていることは、せこい上に、小さい、小さい。

|

2014年6月19日 (木)

どうしても書いておきたいこと

どうしても書いておきたいこと

3年前に篠田左多江先生(東京家政大学教授、当時)から、日系アメリカ人女性で、人種差別と戦い、貧しい人々との連帯に一生をささげたユリ・コチヤマさんの回想録をいただきました。そのコチヤマさんが、6月1日、カリフォルニア州で永眠されたことを、ニュースの短信で読みました。享年93歳でした。

ユリさんが、亡くなられたことを、共訳者の一人である篠田先生のフェイスブックでは触れられていないのは、マメにフェイスブックに素晴らしい文章や写真を載せられているのに、妙だなと思っていました。フェイスブックで万感の思いを簡単に語ることができないのかもしれません。

ユリさんは、1921年岩手県遠野出身の父、中原正一さんと福島県会津出身の母、沢口艶さんとの間にカリフォルニアのサンペドロで生まれました。コチヤマは生涯の伴侶の姓(ビル・コチヤマ=河内山)です。ユリさんは、1941年に日米が開戦したあと強制収容所に送られ、そこで人種差別などに目覚めていきます。戦後は、1960年ハーレムに引っ越し、社会活動を続ける中でマルコムXと親交を結び、1965年彼の暗殺の現場にいあわせ、彼の死を彼女の膝の中で看取ります。そしてその後、平和活動、社会活動に深く関与していきます。その功績により2005年全米で40人のノーベル平和賞候補にノミネートされたといいます。

ユリさんは、アメリカの不当な他国への干渉政策も批判し、90年代にキューバ、ペルーの国民に共感をもちます。ペルーの過激派勢力の「輝ける道(センデーロ・ルミノソ)」に支持を寄せたことは、同意できませんが、ペルーの貧困状態に憤りを感じていることからきているのは、彼女の純粋なヒューマンな精神がもたらしたものでしょう。

ユリさんの18歳の時の「私の22の信条」には、「神と同僚と祖国を信じること、あらゆる差別に反対であること、万人を愛すること、他人に便宜をはかること」などが、書いてあり、ユリさんの高潔な考えが示されています。そして、彼女の回顧録の最後は、「アジア系アメリカ人運動万歳、第三世界の団結万歳、インタナショナリズム万歳」と結ばれています。ユリさん、安らかにお眠りください。そして、篠田先生、この回顧録を何かの形で紹介してほしいと依頼されて、3年が経過しました。ご要望に少し答えることになったでしょうか。

ユリ・コチヤマ『ユリ・コチヤマ回顧録―日系アメリカ人女性、人種・差別・連帯を語り継ぐ―』篠田左多江・増田直子・森田幸夫訳(彩流社、2010年)

(2014年6月19日 新藤通弘)

|

2013年10月 6日 (日)

キューバ史入門テスト 上級編

キューバ史入門テスト 上級編

マイアミにある保守系の研究所にキューバ史についてのテストがあります。初級編と上級編に分かれています。少し面白くできていますので、次に記します。あなたは、どれだけできますか? (少し変えてあります)

上級編 各問10点、合計100点、合格点60点 

1) 詩集『ナイアガラへ』への作者はだれか?
ホセ・マリア・エレディア

2) ナルシソ・ロペスとはどういう人物か?
キューバを米国に併合しようとしたベネズエラ人

3) キューバに最初の植民地を建設したのはだれか?
ディエゴ・ベラスケス

4) クイト・クアナバレとは何を意味するか?
アフリカにおけるキューバの戦い

5) グアンタナモ基地はどこにあるか?
キューバ東部

6) 1901年のキューバ国憲法に付けられたプラット修正条項でどうなったか?
キューバは独立したが、制限が付けられた

7) ヘンリー・モーガンとはだれか?
凶暴な海賊

8) キューバは、いつスペイン帝国の中心となったか?
南アメリカにおける独立戦争の後

9) 1966年のハバナにおける3大陸人民連帯会議は、何をもたらしたか?
アメリカ帝国主義に反対する世界的な政治家、知識人の団結

10) ボイオとは何か?
先住民の家屋

正解は、添付のPDFをご参照ください。「13.10.06 キューバ史入門テスト上級編回答.pdf」をダウンロード

(岡 知和)

|

2013年10月 5日 (土)

キューバ史入門テスト

キューバ史入門テスト

マイアミにある保守系の研究所にキューバ史についてのテストがあります。初級編と上級編に分かれています。面白くできていますので、次に記します。あなたは、どれだけできますか? (少し変えてあります)

初級編 各問10点、合計100点、合格点60点 

1) キューバの初代大統領はだれですか?
① ペルーチョ・フィゲレード
② ホセ・マルティ
③ トマス・エストゥラーダ・パルマ

2) キューバのコチーノス湾(ピッグス湾)の侵攻とは、どういうものですか?
① ブタを食べたときの食あたり治療法
② カストロ政権打倒に失敗した侵攻
③ キューバ国民にもっと食料を供給する計画

3) 第二次大戦中にキューバが同盟した国は?
① 米国
② ドイツ
③ 日本

4) キューバ国旗の色は?
① 赤、白、青
② 青、黄色、白
③ 赤、黒、白

5) キューバは、地理的にどういうものですか?
① 島
② 大陸
③ 半島

6) 米国のどの州にキューバ系市民が最も多く住んでいますか?
① フロリダ
② ニューヨーク
③ ニュージャージィ

7) キューバの人口はどのくらいですか?
① 600万人
② 1,100万人
③ 1,800万人

8) キューバ革命(1959年)後、キューバはいくつの県に分割されましたか?
① 14県
② 18県
③ 20県

9) キューバの先住民は、何で寝ていましたか?
① ハンモック
② ベッド
③ ウオーターベッド

10) キューバの国木は、何といいますか?
① ブーゲンビリア
② 大王ヤシ
③ カオバ

正解は、添付のPDFをご参照ください。「13.10.05 キューバ史入門テスト回答.pdf」をダウンロード


上級編は、明日掲載します。
(岡 知和)

|

2013年4月28日 (日)

国際友好、国際連帯のあり方を考える

国際友好、国際連帯のあり方を考える

最近、あることから、国際友好、国際連帯のあり方を考える機会がありました。日本では、60年代に、国際友好・連帯運動へのソ連(部分核停への支持を巡って)、中国(文化大革命への支持を強要して)両国からの干渉があり、また70年代初めには、北朝鮮の指導者の誕生日に贈り物をする運動や、その指導者のチュチェ(自主)思想を日本で普及する運動が行われ、それらとたたかう形で、自主的な立場に立つ国際友好・連帯運動の基準が作られてきました。

続きは、添付のPDFをお読みください。「13.04.28 国際友好、国際連帯のあり方を考える.pdf」をダウンロード


|

2012年8月12日 (日)

広島の影の中で

広島の影の中で
ノーム・チョムスキー

8月6日、広島の原爆投下の記念日は、暗い省察の日とならなければならない。省察は、1945年のこの日の恐ろしい出来事についてだけでなく、そこで明らかになったことについても行われるべきである。つまり、人類が、その破壊能力を増大するための手段を執拗に追求して、ついに最後の限界に近づく方法を見つけるに至った、ということである。

今年のこの日の記念行事には、特別な意味がある。というのは、「人類史上最も危険な瞬間」から50周年記念まで、極めて近い時期に行われるからだ。この言葉は、歴史家で、ジョン・F・ケネディ政権の大統領補佐官であったアーサー・M・シュレジンジャー・ジュニアが、キューバのミサイル危機について言及した際の言葉である。

グラハム・アリソンが「フォーリン・アフェアーズ」最新号で書いているところでは、ケネディが命じた作戦は、「通常兵器による戦争だけでなく、核戦争の危険をも増大させることになると、彼自身わかっていたものである」。ケネディはその確率を、おそらく50%と考えていたが、アリソンは、この計算を現実的であると考えている。

ケネディは、高水準の核警戒態勢を宣言し、トルコ人(あるいはその他の国の)パイロットが乗り組んだ北大西洋条約機構(NATO)の飛行機数機に、離陸し、モスクワへ向かい、爆弾を投下することを許可した。

キューバにおけるミサイルの発見も驚くべきことであったが、それよりも、その6カ月前の緊張が高まっていた時期に、米国がほぼ確実に中国に狙いを定めて、同様のミサイルを、沖縄に秘密裏に配備したことに関わった人々は、もっと驚いたことだろう。

ケネディは、ニキータ・フルシチョフ閣僚会議議長を「核戦争の淵まで」連れていき、「ケネディは渕からのぞいたけれども、核戦争に落ち込む気はなかった」と、当時、国防総省の計画立案スタッフの上級職員であったデーヴィッド・バーチナル将軍が語っている。人は、いつもこのような正気をあてにすることはできないものである。

フルシチョフは、ケネディが提案した解決策を受け入れ、核戦争になる寸前であったこの危機を終結させた。この解決策の中でも最も大胆な点は、「危機が回避された後、6カ月を期限として、トルコにある米国のミサイルを撤去することを約束した秘密の譲歩」であると、アリソンは書いている。このミサイルは時代遅れのもので、殺傷能力が格段に高い潜水艦発射弾道ミサイル「ポラリス」が、それに取って代わりつつあったのである。

端的に言って、想像を絶するような破壊的な戦争という大きな危険を冒してまでも、米国の政策を強化する必要があると考えられた、ということだ。その政策とは、米国は世界中のどこにでも、中国あるいはソ連の国境に照準を当てて、核ミサイルを配備する一方的な権利を持つ、というものである。一方、そのソ連は、それまでソ連領域外ではミサイルを配備したことはなかった。もちろん、これについて、米国は正当化しようとしたが、検討に堪えるものではないと考える。

これに付随した政策は、キューバには、米国からの差し迫った侵攻と思われる行為に対して、防衛するためのミサイルを所有する権利はない、というものだった。ケネディのテロリズム計画のための政策、「マングース作戦」は、1962年のミサイル危機があった10月に、「公然とした破壊活動と共産主義体制の転覆」を、「最終的な成功のためには、米国の断固とした軍事介入が求められる」という認識の下に、準備していた。

キューバに対する各種のテロ作戦は、CIAの取るに足りないいたずらとして、常に評論家たちから無視されている。しかし被害者たちは、想像に難くないことだが、この件をまったく違った観点から見るものである。少なくとも彼らの言葉を、キース・ボレンダーの「反対側からの声―対キューバ・テロのオーラル・ヒストリー―」の中に聞くことができる。

1962年10月の事件は、ケネディの最良の時として、広く賞賛されている。アリソンはこの事件を、「どのように紛争の危険を回避し、大国間関係を処理し、対外政策一般について、適切な決定を下すかについての手引き」として示している。特にこのことは、現在のイランとの紛争や中国との紛争について言えることである。

1962年、惨禍は危険なまでに近くに来ていた。そしてそれ以降も、重大な危機は少なくなかった。1973年、アラブとイスラエルの戦争の最終段階で、ヘンリー・キッシンジャーは高レベルの核警戒態勢を発令した。インドとパキスタンは、核戦争に極めて近いところまで達していた。自動システムからの誤った情報によるミサイル発射の直前で、人間が関与して核攻撃を止める、という事例も数え切れないほどあった。8月6日には、考えなければならないことが山ほどあるのである。

アリソンは、他の多くの問題を結びつけて、イランの核問題は現在の最も深刻な危機であり、「米国の政策立案者たちにとっては、キューバのミサイル危機よりも、なお一層複雑な課題」であると考えている。それは、イスラエルによる爆撃の脅威があるためだ。

対イラン戦争はすでに進行の過程にあり、イラン人科学者たちの殺害や経済的な圧力が加えられていることなど、それらはすでに「宣戦布告なき戦争」の水準に達している。これが、イラン情勢の専門家であるギャリー・シックの見解である。

イランを対象とした高度なサイバー戦争は、米国が大いに誇りとしているものである。米国防総省はサイバー戦争を「戦争行為」と考えており、標的に通常の軍事力を行使して反撃することを認めている、と「ウォールストリートジャーナル」は報じている。ただし、よくある例外として、そのサイバー戦争を仕掛けたのが米国やその同盟国であれば、通常の軍事力で反撃はできない、ということである。

イランの脅威は、イスラエル軍の最高立案者の一人で、「イスラエル軍が輩出した、最も巧妙かつ著作の多い思想家の一人」であるギオラ・エイランド将軍によって明確に主張されてきた。

エイランド将軍が主張しているイランの脅威の中で、最も説得力があるのは、「イスラエル国境におけるどのような対決も、イランの核の傘の恐怖の下にある。従って、イスラエルは武力に訴えざるを得なくなるだろう」というものである。エイランドは国防総省や米国の情報機関と同意見であり、核の抑止力を、イランが与える最大の脅威と見なしている。

現在、イランに対する宣戦布告なき戦争が急激に拡大しており、それが、大規模な偶発戦争の脅威を増している。いくつかの危険は、先月示された。ペルシャ湾に配備されている米国の巨大な軍事力の一部である米艦船が、小型の漁船に発砲し、インド人乗組員1人が死亡、その他少なくとも3人が負傷した。重大な戦争を開始するためには、これ以上のことは必要ないのである。

恐ろしい結果を避けるための賢明な方法は、「中東に、大量破壊兵器とその発射に必要な全てのミサイルの配備を禁止する、非核兵器地帯を設立する目標、および、化学兵器を全般的に禁止する目的」を、追求することである。これは、1991年4月の国連安全保障理事会決議687の条文であり、その12年後、米国とイギリスがイラクを侵攻するために、薄弱な法的根拠を提供しようとして引き合いに出したものである。

この目標は、1974年以来、アラブとイランの目指すものであり、最近では、少なくとも公式上は、世界でほぼ満場一致の支持を得ている。このような条約を実現する方法について話し合うために、国際会議が12月に予定されている。

西側の大規模な公然たる支持がない限り、前進はあり得ない。こうした機会の重要性を理解しなければ、あの恐ろしい8月6日以来、世界を暗くしてきた死の影が、さらに一層長く存在することになるだろう。

出典:La Jornada 2012/08/05 英語版Ammon Newsも参照。
(訳 安井佐紀)

|

2012年3月30日 (金)

フィデル・カストロとキューバ革命

近年、キューバ国内で、反バチスタ革命闘争についての資料が次々と出版されています。これまでは、7.26運動の立場に立ったものがほとんどでしたが、キューバ人民社会党(PSP)、革命幹部団(DR)、市民抵抗運動(MRC)の活動家であった人々の回想記が出てきて、バチスタ独裁闘争のたたかいの過程をより豊かに知ることができます。

7・26運動の指導者であったフィデル・カストロは、ラモネとの100時間にわたる対談、Fidel Castro Ruz, La Victoria Estratégica, Oficina de Publicaciones del Consejo de Estado, La Habana, 2010(1958年3月から8月のメルセデスの戦いまでのゲリラ闘争回想記)、Fidel Castro Ruz, La Contra Ofensiva Estratégica, Oficina de Publicaciones del Consejo de Estado, La Habana, 2010(1958年8月から1959年1月1日の勝利までのゲリラ闘争最後の段階の回想記)、Katiuska Blanco Castiñeira, Fidel Castro Ruz, Guerrillero del Tiempo: Conversaciones con el Líder Histórico de la Revolución Cubana, Primera Parte, Tomo I y II, Casa Editora Abril, La Habana, 2011(フィデル・カストロとのインタビュー。誕生からハバナ入城までの半生記を語る)など、大部の著書を著しています。

以下、そのうちの一つ、「ラモネとの100時間にわたる対談」についての若干の感想を記した小論が、雑誌「季論2012年冬季号」に掲載されましたので紹介します。
「12.01 カストロとキューバ革命 季論.pdf」をダウンロード

|

2012年1月21日 (土)

カンディド・ナバーロとキューバ革命

カンディド・ナバーロとキューバ革命

このような形で一人でも多くの人々がナバーロのことを記憶に止めてもらえればと思います。私も初めて知った内容があり、大変興味深く、多くの良き思い出が甦ってきました。

革命や改革はフィデルを代表とする多くのリーダーの存在も間違いなく重要ですが、表には出ない、地道に、着実に自分の責務を果たす大多数の人々が支えて実施していることが実感として分かります。私が、35年にわたり知ったキューバの人々は、多くが真面目に、地道に働いていました。有能な指導者がいても、それを支持して支える多くの人々の存在は忘れられがちで、フィデルやゲバラが脚光を浴びますが、あくまでも代表者であって全てではありません。

ナバーロも革命の現状を批判はしていましたが、大筋というか、基本的なことは支持していました。キューバ人は文句ばかり言うが、いざとなったら国を守るため、そのあたりの普通の人までも頑張るのだと、ナバーロがよく言っていたこと思い出します。

ナバーロともう一度会えず残念でしたが、多くの良き思い出を与えてもらい、ありがとうと伝えたいものです。

(2012年1月20日 元大信インターナショナル副社長、浦野保範)

|

2011年10月24日 (月)

キューバ世界遺産テレビ放送予定のご案内

テレビ放送予定のご案内

10月29日(土)、午後17:29(午後5時29分)から18:00(午後6時)まで30分間、BS-TBSチャンネルで、「THE世界遺産3D GRAND TOUR、ハバナ旧市街とその要塞群(キューバ)」が放映されます。今年撮影された新しいバージョンで、世界遺産である旧市街の要塞群だけでなく、旧市街のいろいろな観光地も紹介されている楽しい番組となっています。小生も監修で協力しました。是非、ご覧ください。

新藤通弘

|

より以前の記事一覧