« キューバコロナ対策とアメリカの経済封鎖 | トップページ | ベネズエラ情勢オンライン会議 »

2020年7月19日 (日)

コロネル・ニカラグア大使、ニカラグア情勢オンライン会議プレゼン資料

今日、ニカラグアは、1979年7月19日、サンディニスタ民族解放戦線(FSLN)が、17年の革命闘争の上、独裁者アナスタシオ・ソモサを打倒したサンディニスタ革命勝利41周年記念を迎えます。どの革命も、どの運動も一定の誤りを持つことは避けられませんが、サンディニスタ革命は、41年の間、主権国家、対米自立、国民本位の経済、格差是正、貧困一掃、社会福祉の向上、社会主義の旗を掲げてきました。

 

そうしたことから、米国は、サンディニスタ政権を敵視し、2018年11月には、ボルトン大統領安全保障補佐官は、ニカラグアを、キューバ、ベネズエラと並んで、「専制のトロイカ」と決めつけ、体制変換を要求します。また同年12月には、対ニカラグア制裁法、「2018年ニカラグア人権・反汚職法」を制定し、制裁を強めました。今月18日には米財務省外国資産管理室(OFAC)は、不当にもオルテガ大統領の子息、フアン・カルロス・オルテガ・ムリージョ氏他、3名を体制の宣伝を行ったこと、マネー・ロンダリングを行ったかどで制裁を科しました。

 

しかし、ニカラグア政府は、核兵器禁止条約では、2017年7月にいち早く批准しています。そうしたサンディニスタ政府の核兵器政策を引き継いで、コロネル大使は、添付のような千羽鶴を折って、広島、長崎に捧げています。

ダウンロード - 20.07.1320e697a5e69cace8aa9ee4bb98e3818drevisada20infograficos20logros20del20grun.pdf

ダウンロード - 19.08.2120e68a98e3828ae9b6b4e381aee5909be38081e38184e381bee381a9e38193e381ab.pdf

 

|

« キューバコロナ対策とアメリカの経済封鎖 | トップページ | ベネズエラ情勢オンライン会議 »

ラテンアメリカ分室」カテゴリの記事