« ベネズエラ情勢オンライン会議 | トップページ | コロナ禍の中のキューバ経済、オマール・エベルレニ・ペレス教授とのインタビュー »

2020年7月21日 (火)

コロナ禍の中の本格的な経済改革への取り組み

7月7日キューバ共産党政治局会議が開催され、コロナウイルスで影響を受けた経済をどう活性化するかについて話し合い、諸政策が決定されました。この決定は、7月16日閣僚評議会で議論され、承認されました。その原則は、第7回党大会で承認された経済・社会開発全国計画(2016年)、第7回党大会で承認された経済・社会モデルの刷新(2016年)、第6回党大会で承認された党と革命の経済・社会政策路線(2011年)路線に基づくものであり、同時に国際情勢及び国内情勢の変化も考慮して、SNS、研究者、一般市民の議論や批判も、さらに革命に反対する人々の批判点も考慮して、設定したものです。実行されていなかった経済改革の諸政策と本格的取り組むもので、すでに、この諸政策について、キューバ社会の中で、研究者、市民の中で、熱い議論が戦わされています。その諸政策、議論の内容は、追ってご紹介しますが、コロナ問題の前にキューバ経済がどういう問題を抱えていたか、添付のPDFをお読みいただき、理解していただきたいと思います。

ダウンロード - 20.02.1520e382ade383a5e383bce38390e7b58ce6b8882019e5b9b4e381aee59b9ee9a1a7e381a82020e5b9b4e381aee5b195e69c9b.pdf

 

|

« ベネズエラ情勢オンライン会議 | トップページ | コロナ禍の中のキューバ経済、オマール・エベルレニ・ペレス教授とのインタビュー »

経済」カテゴリの記事