« CELACの活動の停滞は、誰が望むのか? | トップページ | ボリビア、革新政権の打倒、周到に用意された巧妙なクーデター »

2020年1月22日 (水)

1月5日、どのように国会議長が選出されたのか

15日、どのように国会議長が選出されたのか

 

15日の新国会議長などの執行部の選挙は、日本では大変歪められて次のように、報道されました(詳細は、拙稿「二人の国会議長選出の真相」20.01.06参照)。

「南米ベネズエラで独裁的な支配を続けるマドゥロ政権と、米国などの支持を受けた野党勢力の対立が続くなか、同国国会で5日、新議長を選出する会議が開かれた。治安部隊が国会を包囲し、多数の野党議員が議場に入れないまま審議され、マドゥロ政権に近い議員が新議長に選出された」(20.01.06 朝日新聞)。

「反米左派のマドゥロ大統領と、米政府の後押しで「暫定大統領」に就いたグアイド国会議長の対立が続く南米ベネズエラで5日、グアイド氏らが閉め出された状態で国会議長選が実施され、同氏の政敵であるパラ議員が新議長に「選出」された」(20.01.06 時事通信)。

しかし、現在に至るまで、両社とも、内容を修正する報道はありません。その後に筆者が入手した資料、その後の国会の進展状況をみれば、グアイドー派の策謀がいかに国民の立場から離れたものかが良く分かります。国会の勢力図、当日の詳細な動き、新しい国会の動きなどを、ひとつひとつ見てみましょう。

ダウンロード - 20.01.22201e69c885e697a5e38081e381a9e381aee38288e38186e381abe59bbde4bc9ae8adb0e995b7e3818ce981b8e587bae38195e3828ce3819fe381aee3818b.pdf

 

|

« CELACの活動の停滞は、誰が望むのか? | トップページ | ボリビア、革新政権の打倒、周到に用意された巧妙なクーデター »

ベネズエラ分室」カテゴリの記事