« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月22日 (水)

1月5日、どのように国会議長が選出されたのか

15日、どのように国会議長が選出されたのか

 

15日の新国会議長などの執行部の選挙は、日本では大変歪められて次のように、報道されました(詳細は、拙稿「二人の国会議長選出の真相」20.01.06参照)。

「南米ベネズエラで独裁的な支配を続けるマドゥロ政権と、米国などの支持を受けた野党勢力の対立が続くなか、同国国会で5日、新議長を選出する会議が開かれた。治安部隊が国会を包囲し、多数の野党議員が議場に入れないまま審議され、マドゥロ政権に近い議員が新議長に選出された」(20.01.06 朝日新聞)。

「反米左派のマドゥロ大統領と、米政府の後押しで「暫定大統領」に就いたグアイド国会議長の対立が続く南米ベネズエラで5日、グアイド氏らが閉め出された状態で国会議長選が実施され、同氏の政敵であるパラ議員が新議長に「選出」された」(20.01.06 時事通信)。

しかし、現在に至るまで、両社とも、内容を修正する報道はありません。その後に筆者が入手した資料、その後の国会の進展状況をみれば、グアイドー派の策謀がいかに国民の立場から離れたものかが良く分かります。国会の勢力図、当日の詳細な動き、新しい国会の動きなどを、ひとつひとつ見てみましょう。

ダウンロード - 20.01.22201e69c885e697a5e38081e381a9e381aee38288e38186e381abe59bbde4bc9ae8adb0e995b7e3818ce981b8e587bae38195e3828ce3819fe381aee3818b.pdf

 

|

2020年1月 8日 (水)

CELACの活動の停滞は、誰が望むのか?

CELACの活動の停滞は、誰が望むのか?

 

1月8日から、メキシコで第6回中南米・カリブ海共同体(CELAC)首脳会議が開催されます。CELACは、2011年12月、カラカスで、ラテンアメリカ・カリブ海の33カ国が、域内の対話、協力、政治的・経済的・社会的・文化的統合を目指して設立した共同体です。国連加盟国の17%、人口6億2,400万人、世界人口の9%、面積が地球の15%、GDPの7.1%を占める広大な地域です。旧スペイン、ポルトガル植民地、イギリス、フランス、オランダの旧カリブ海植民地から独立した国々から成り立っています。公式言語は、スペイン語、ポルトガル語、英語、フランス語です。

 

続きは、PDFをお読みください。

ダウンロード - 20.01.0820celace381aee6b4bbe58b95e381aee5819ce6bb9ee381afe38081e8aab0e3818ce69c9be38280e381aee3818befbc9f.pdf

 

|

2020年1月 7日 (火)

二人の国会議長選出の真相

二人の国会議長選出の真相

 

本日6日の朝日新聞夕刊は、ベネズエラの国会での議長選出について、このように報じました。全文を引用しましょう。続きはPDFでお読みください。

ダウンロード - 20.01.0620e4ba8ce4babae381aee59bbde4bc9ae8adb0e995b7e981b8e587bae381aee79c9fe79bb8.pdf

 

|

2020年1月 1日 (水)

ベネズエラ、野党の現状

ベネズエラ、野党の現状

 

1228日、ベネズエラの中道保守系の新聞、グロボビシオン紙が、グアイドーの目は消えたという厳しい記事を掲載しました。それは、次のような内容で、全文記載します。

 

引用開始

19.12.28 グロボビシオン紙

 

腐敗、スキャンダル、傲慢さにより、フアン・グアイドーの星は消えた

ダウンロード - 19.12.2820e88590e69597e38081e382b9e382ade383a3e383b3e38380e383abe38081e582b2e685a2e38195e381abe38288e3828ae38081e38395e382a2e383b3e383bbe382b0e382a2e382a4e38389e381aee6989fe3818ce6b688e38188e3819f.pdf

 

|

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »