« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月15日 (日)

内政干渉容認論の危険な論理

内政干渉容認論の危険な論理

 

最近、非同盟運動との関連で、次のような文章を目にしました。

AU(アフリカ連合)は、国内武力紛争が頻発し周辺国にも影響が及ぶことから、周辺国の紛争国への武力介入を認めている。内政不干渉のバンドン原則に反するが、日本アジア・アフリカ・連帯委員会(日本AALA)としては、これを是認するのがよい」。

 

短い文章で、必ずしも意図が確実に把握できませんが、もし、「AUが認めているように、周辺国の紛争に武力介入を日本AALAも認めよ」との主張であるならば、筆者は、非同盟首脳会議の歴史に照らして、また2000年頃から展開された人道危機論、保護の責任論についての国連などにおける議論を考慮して、この見解には同意できません。

続きはPDFでお読みください。

ダウンロード - 19.09.1420e58685e694bfe5b9b2e6b889e5aeb9e8aa8de8ab96e381aee58db1e999bae381aae8ab96e79086.pdf

 

|

2019年9月 8日 (日)

米財務省、対キューバ経済制裁を強化

米財務省は、6日対キューバ経済封鎖(制裁)強化策を発表しました。昨年111日第73回国連総会で、加盟国193カ国のうち、189カ国が賛成、2カ国(米国、イスラエル)が反対、棄権なし、欠席2カ国(ウクライナ、モルドバ)という圧倒的多数で、米国の経済封鎖解除決議案、「米国の対キューバ経済・通商・金融封鎖解除の必要性」が採択されてから、10カ月余で、米国は、国際社会の意見を無視して、次のようなキューバ経済制裁強化策を、矢継ぎ早に打ち出しています(拙稿「国連総会での経済封鎖討議に米国、奇妙な修正案を提出」18.10.29、「米国の経済封鎖解除決議案の採決をめぐる熾烈なたたかい」18.11.02参照)。

ダウンロード - 19.09.0620e7b1b3e694bfe5ba9ce38081e5afbee382ade383a5e383bce38390e7b58ce6b888e588b6e8a381e38292e5bcb7e58c96.pdf

 

|

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »