« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年2月

2019年2月20日 (水)

ベネズエラに平和を、キューバ大使緊急の訴え

私達は大きな憂慮をもって、複雑さを増す国際情勢と、ラテンアメリカ・カリブに関しては兄弟国ベネズエラ・ボリバル共和国に対する差し迫った軍事侵略のサインが強まっていることとを警告してきました。続きは添付書類をお読みください。「19.02.19 ペレイラキューバ大使の緊急の訴え..pdf」をダウンロード

|

2019年2月 8日 (金)

マドゥーロ大統領に正当性はないのか?

日本のメディアでもほぼ例外なくマドゥーロ大統領が、法的に正当性をもたないと報道しています。国際的には、正当性をもたないということを理由に、米国、リマ・グループ(賛成国は少しずつ減ってきていますが)、EU諸国の大半が、臨時大統領を自己宣言したグアイドー国会議長を正当な大統領と認めています。一方、キューバ、ニカラグア、ボリビア、メキシコ、カリコム諸国、アフリカ連合などは、グアイドー政権を認めていません。続きは、PDFをお読みください。「19.02.07 マドゥーロ大統領に正当性はないのか.pdf」をダウンロード

|

2019年2月 5日 (火)

マドゥーロ政権は、ほとんど国民の支持を受けていないのか

マドゥーロ政権は、ほとんど国民の支持を受けていないのか

マドゥーロ政権が、どれだけ国民に支持されているかについて、いろいろな意見があります。「グアイドー氏の暫定大統領就任を支持する人々が約8割」(アジア経済研究所坂口安紀氏)、あるいは、「国民が飢えている状況で国民の大多数から支持されていると考えることはできないのは常識で当たり前の話」など、マドゥーロ政権は、国民の間でほとんど支持されていないという見解が飛び交っています。
続きは添付のPDFをお読みください。「19.02.05 マドゥーロ政権は、ほとんど国民の支持を受けていないのか.pdf」をダウンロード

|

2019年2月 4日 (月)

日本の識者に聞く:混迷極めるベネズエラ政治を徹底分析、民主主義を守る戦いか、それとも内政干渉か?

ロシアの国営通信社、スプートニクが、アジア経済研究所の坂口安紀氏と小生にインタビューし、双方の見解を並記した記事を掲載しました。分量は、6対4で小生の見解が少ないですが、ペンス副大統領から22日グアイドーに電話があり、臨時大統領宣言を翌日行うように指示したという点が掲載されていません。しかし、本質は掲載されています。

さて、みなさんはどう判断されますか。ご叱正をお待ちしています。
「19.02.04 日本の識者に聞く 混迷極めるベネズエラ政治を徹底分析 写真抜き.pdf」をダウンロード


|

2019年2月 1日 (金)

無理が通れば道理が引っ込む?(2)

無理が通れば道理が引っ込む?(2)
臨時大統領自己宣言の滑稽なプロセス

前回、無理が通れば道理が引っ込む?19.01.26 で、グアイドー国会議長の臨時大統領自己宣言には、法的根拠が欠けていることを指摘しましたが、今回は、グアイドー氏が、どのような経過から、臨時大統領を宣言するようになったか、その後明らかになった資料加えて見てみます。

続きは、PDFをお読みください。「19.01.31 無理が通れば道理が引っ込む?(2).pdf」をダウンロード


|

« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »