« 憂慮される米国の対キューバ経済封鎖解除決議の投票動向 | トップページ | 国連総会での経済封鎖討議に米国、奇妙な修正案を提出 »

2018年10月 1日 (月)

キューバ憲法改正の問題点

現在、キューバ各地の居住地域、職場、大衆組織で、憲法改正案が討議されています。今年の7月21日、第9期第1回全国人民議会(国会)が開催され、現行憲法の改正草案を集中審議し、23日、国会で、憲法草案が承認されました。現行憲法の全文15章137条を、87条を新たに付け加え、11条を維持し、113条を修正、13条を削除して、全文11編、24章、16節、224条に改正するものです。

キューバでは、これまで11の憲法、改正憲法がありました。今回の改正憲法は、1976年の革命勝利後最初に制定された憲法を改正する、2002年の憲法改正に続く12番目のものです。続きは、添付のPDFをお読みください。

「18.10.01 キューバ憲法改正の問題点.pdf」をダウンロード

|

« 憂慮される米国の対キューバ経済封鎖解除決議の投票動向 | トップページ | 国連総会での経済封鎖討議に米国、奇妙な修正案を提出 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事