« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月29日 (月)

キューバ講演会のご案内

キューバ講演会のご案内
●テーマ:『新しい指導体制下でのキューバの政治・経済』
●期日:2018年11月6日(火)  18:00~20:00
●講 師:新藤通弘さん(ラテンアメリカ現代史研究家)
●内 容:
キューバは、今、転換期にあります。4月ラウル・カストロが国家・政府指導部から勇退し、新たにディアス=カネルが国家評議会議長に就任しました。8月から全国で大幅な憲法の改正が討議されており、2008年以来の経済改革も進んでいます。一方トランプ政権は、ラテンアメリカ統合の推進役であるキューバへの経済封鎖を一層強めて、キューバを締め上げようとしています。激しく動いているキューバの政治・経済・外交を豊富な資料を配布して説明します。
●参加費:1,000円
●場所:
(株)富士国際旅行社 〒160-0022 東京都新宿区新宿2丁目11−7 宮庭ビル4F 
●主催:富士国際『旅のがっこう』特別課外授業。どなたでもご参加いただけます。
アクセス:
•JR新宿駅から徒歩約10分
•地下鉄、メトロ丸の内線、都営新宿線「新宿三丁目駅」C5出口から徒歩6分
•地下鉄 メトロ 「副都心線」C6出口(エレベーターあり)徒歩5分
●事前予約制となっております。
電話またはFAX、E メール等でご連絡お願いします。
■電話:03-3357-3377 FAX: 03-3357-3317 Eメール henshu@fits-tyo.com

|

2018年10月28日 (日)

国連総会での経済封鎖討議に米国、奇妙な修正案を提出

国連総会での経済封鎖討議に米国、奇妙な修正案を提出

9月29日付の拙稿『憂慮される米国の対キューバ経済封鎖解除決議の投票動向』でご紹介しましたように、10月31日に第73回国連総会で、米国の解除決議案、「米国の対キューバ経済・通商・金融封鎖解除の必要性」が討議され、採決に付されます。

続きは、添付のPDFをお読みください。「18.10.28 経済封鎖討議に米国、奇妙な修正案を提出.pdf」をダウンロード


|

2018年10月 1日 (月)

キューバ憲法改正の問題点

現在、キューバ各地の居住地域、職場、大衆組織で、憲法改正案が討議されています。今年の7月21日、第9期第1回全国人民議会(国会)が開催され、現行憲法の改正草案を集中審議し、23日、国会で、憲法草案が承認されました。現行憲法の全文15章137条を、87条を新たに付け加え、11条を維持し、113条を修正、13条を削除して、全文11編、24章、16節、224条に改正するものです。

キューバでは、これまで11の憲法、改正憲法がありました。今回の改正憲法は、1976年の革命勝利後最初に制定された憲法を改正する、2002年の憲法改正に続く12番目のものです。続きは、添付のPDFをお読みください。

「18.10.01 キューバ憲法改正の問題点.pdf」をダウンロード

|

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »