« 中南米を巡る情勢の変化とアメリカの介入 | トップページ | キューバ訪問記 »

2018年5月13日 (日)

エルネスト・チェ・ゲバラ工業相へのインタビュー

西尾幸治さんの訳で、本邦初訳です。ゲバラが当時どう考えていたかの参考資料です。

キューバの官僚主義について、ゲバラが分析しているのが興味深いです。官僚主義は、今でも問題で、4月の国会で、ラウルは、退任演説で、官僚主義が強固なことを批判しています。
「64.02 エルネスト・チェ・ゲバラ工業相へのインタビュー.docx.pdf」をダウンロード

|

« 中南米を巡る情勢の変化とアメリカの介入 | トップページ | キューバ訪問記 »

歴史」カテゴリの記事