« ベネズエラ、大統領選挙をめぐる真実は? | トップページ | 中南米を巡る情勢の変化とアメリカの介入 »

2018年2月 9日 (金)

ベネズエラ、与野党協議の長き10日間

ベネズエラ、与野党協議の長き10日間

本年1月11日から断続的に開かれていた、ベネズエラの与野党協議は、2月7日双方が署名するに至らず、仲介役のメディーナ、ドミニカ大統領の表現によれば、無期限の休憩となりました。今回は、特に、1月28日より、ドミニカで与党と野党の一部(大衆意志党参加せず)の間で精力的に協議が行われました。メディーナ、ドミニカ大統領、サパテーロ元スペイン首相が仲介役となり、チリ代表が野党の要請で、ボリビア、ニカラグア、セントビンセント・グレナディーン代表が与党の要請で出席しました。協議では、①ベネズエラの主権、ベネズエラへの干渉と制裁への反対、②大統領選の選挙日程、選挙の保証、③立憲主義国家の強化、④経済・社会政策、⑤真相究明委員会、⑥合意検証委員会についての6項目が話し合われました。以下、協議の経過と結果を、憶測を交えず、客観的な報道と資料にもとづき説明します。
続きはPDFでお読みください。「18.02.09 ベネズエラ、与野党協議の長き10日間.pdf」をダウンロード

|

« ベネズエラ、大統領選挙をめぐる真実は? | トップページ | 中南米を巡る情勢の変化とアメリカの介入 »

ベネズエラ分室」カテゴリの記事