« 2017年9月 | トップページ

2017年10月

2017年10月 3日 (火)

滑稽な相互主義

滑稽な相互主義

米国紙によれば、3日までに米国は、在米キューバ大使館要員を3分の2追放するとのことです。理由は、「音響攻撃」(以前は音響事件と呼んでいましたが)は、キューバ側の責任であり、在キューバ米国大使館要員を60%減員することになったので、それに対抗するものと報じています。しかし、在キューバ米大使館の要員削減は、キューバ側が要求したものではなく、米国側が「音響攻撃」の責任はキューバ側にあるという仮説から、一方的に決定した米国側の政策です。どこに相互主義があるのか、理解に苦しむところです。

すでに、米政府は、先月29日にこの件に関わり、米国市民のキューバへの渡航自粛を警告し、キューバ市民へのビザの発給を無期限に停止して、キューバ経済への打撃と国内の不満をかきたてようという措置を発表しています。米国大使館要員の削減と、この二つの措置の間には大きな論理の飛躍があります。今回の措置は、国際法に明らかに違反するものですし、トランプ政権は何か無理難題を矢継ぎ早にキューバ政府にふっかけているように思われます。

(2017年10月3日 新藤通弘)

|

« 2017年9月 | トップページ