« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月19日 (金)

ベネズエラの反政府デモと取締りについて

ベネズエラの反政府デモと取締りについて

マドゥーロ政権に対する反政府勢力の抗議運動が一層激化しています。5月19日現在、ベネズエラ警察当局の発表によれば、4月1日からの死傷者は、死者42名、負傷者900名余となっています。

OAS(米州機構)では、アルマグロ事務総長が米国政府の後押しを受けて、ベネズエラで民主的秩序が破壊されているとして、米州民主主義憲章第21条にもとづいてベネズエラのOASの資格停止決議の採択を図っています。国内の反政府勢力MUD(民主団結会議)は、こうしたことを背景に、4月後半に攻勢を強めていましたが、5月1日マドゥーロ大統領が制憲議会選挙と提案したことから、2018年の大統領選の可能性がなくなる判断して、手段を選ばないデモ攻勢を展開するようになっています。
続きはPDFをお読みください。「17.05.16 ベネズエラの反政府デモと取締りについて.pdf」をダウンロード

|

2017年5月 8日 (月)

ベネズエラにおけるポスト真実

ベネズエラにおけるポスト真実

ベネズエラにおける情勢が緊迫の度合いを深めています。日本での一般の報道は、まとめれば次のようになるでしょうか。

「経済は完全に破綻し、モノや薬が街から消え、国民は食べものも少なく、生活困難に陥り、不満で抗議に立ち上がり、政権の交代を強く望んでいる。マドゥーロ政権は、国民の意見に背を向け、強権的に国民投票を回避し、選挙を引き延ばし、反政府デモを武力で過酷な弾圧で押さえつけ、民主主義を踏みにじっている。即時の政治囚の釈放が望まれる。海外の諸国もベネズエラ政府による反政府勢力の弾圧を批判しており、マドゥーロ政権は内外で孤立している」。

続きはPDFでお読みください。「17.05.02 ベネズエラにおけるポスト真実.pdf」をダウンロード

|

« 2017年4月 | トップページ