« 2016年キューバ10大ニュース (2) | トップページ | キューバ講演会のご案内 »

2017年1月31日 (火)

2016年メキシコ経済速報

国連ラテンアメリカ・カリブ海経済委員会(CEPAL)
2016年メキシコ経済速報

国連ラテンアメリカ・カリブ海経済委員会(CEPAL)は、2016年のメキシコの経済成長率を、2015年に記録された数値、2.5%を下回る2%と推計する。減速の直接的な要因は、米国の製造業部門(メキシコの輸出に密接に結びついている)の不振や、不安定な国際的経済・金融情勢、貿易収入(主に石油部門)と公共投資の減少などである。これらの要因によって、2016年下半期の国内の消費が縮小した。2016年の年間インフレ率は、メキシコ中央銀行が設定したインフレ目標の範囲内(2~4%)の3.3%前後、全国的失業率は、4%(前年の平均は4.4%)と予測する。財政赤字は、GDP比で前年の3.5%を下回る3%前後、国際経常収支の赤字は、GDPの3%前後(前年は2.9%)になるとみなされる。
続きは添付のPDGをお読みください。「17.01.17 CEPAL 2016年メキシコ経済速報.pdf」をダウンロード

|

« 2016年キューバ10大ニュース (2) | トップページ | キューバ講演会のご案内 »

ラテンアメリカ分室」カテゴリの記事