« キューバ講演会のご案内 | トップページ | 舛添知事とフィデル・カストロ »

2016年5月16日 (月)

ブラジル、それはないでしょう!

それはないでしょう!
上はルセフ政権の閣僚の写真、下は、この度、臨時大統領に就任したいかさま政治家のテメル氏が組閣した閣僚の写真です。31名の閣僚を24名に削減しました。
ブラジル人の51%は、黒人及び混血です。また女性が51.3%を占めます。ルセフ政権では、女性閣僚は7名いましたし、黒人・混血の閣僚も数名いました。女性閣僚が不在なのは、ブラジルが民政移管した1986年以降初めてのことです。ここには、テメル氏の人種差別感、女性蔑視感が如実に反映していると指摘されています。こういう人物が、貧困層や弱者に対する配慮をもっているとは到底思われません。新閣僚の24名のうち11名は汚職が指摘されています。
「16.05.13 gabinetes.docx」をダウンロード

|

« キューバ講演会のご案内 | トップページ | 舛添知事とフィデル・カストロ »

ラテンアメリカ分室」カテゴリの記事