« ベネズエラ国会議員選挙―結果と当面の政治情勢の展望― | トップページ | 論文案内「キューバ経済改革モデルの歴史的性格」 »

2016年1月14日 (木)

どうなる? マイヤー・ランスキーの孫によるリビエラ・ホテルの補償請求

どうなる? マイヤー・ランスキーの孫によるリビエラ・ホテルの補償請求

マイヤー・ランスキーの孫、接収ホテル・リビエラの補償を請求
マイヤー・ランスキーという名前を知っている人は多いでしょう。しかし、ホテル・リビエラの持ち主だったことを知っている人は少ないのではないでしょうか。念のために、ある日本の旅行本には、リビエラの持ち主はラッキー・ルシアーノであったと書いてありますが、これは事実に基づきません。

さらに、ゲイリー・ラポポートという人物を知っている人はほとんどいないでしょう。彼は、マイヤー・ランスキーの孫で、昨年12月、米玖間で相互の補償問題が話し合われた際に、ホテル・リビエラの請求権があるとして、名乗り出た人物です(Tampa Tribune, December 9, 2015)。

続きはPDFをお読みください。
「16.01.14 マイヤー・ランスキーの孫.pdf」をダウンロード

|

« ベネズエラ国会議員選挙―結果と当面の政治情勢の展望― | トップページ | 論文案内「キューバ経済改革モデルの歴史的性格」 »

外交」カテゴリの記事