« 論文案内「キューバ経済改革モデルの歴史的性格」 | トップページ | キューバ学習会のお知らせ »

2016年1月27日 (水)

キューバ、2015年10大ニュース

キューバ、2015年10大ニュース

ラウル議長は、昨年12月の国会演説で、2015年を「大多忙な一年で、大きな成果があった年」と振り返りました。それでは、どんな年だったでしょうか。10の項目にまとめて振り返ってみました。
ニュースの掲載順は、ニュースの重大性を示すものではありません。準不動です。

① 米国との国交が回復し、一定の関係正常化が進む
 2014年12月17日、キューバ、米国両首脳によって61年以来断絶していた国交の回復交渉が開始されることが発表されました。その後、国交の回復に向かって、各レベルでの交渉が進められました。実務者交渉では、1月から12月まで国交回復、移民問題、環境問題、郵便サービス、人権、損害補償、商業定期航空便などのテーマで10回行われました。外相会談がケリー国務長官とロドリゲス外相の間で3度(4、7、8月)、首脳会談がオバマ大統領とラウル議長の間で、4月パナマで、9月ワシントンで2度行われました。米国側から3人の閣僚(商務、農務、外務)、10数人の国会議員、3人の州知事(ニューヨーク民主党、アーカンソー共和党、テキサス共和党)、数十人のビジネスマン訪問し人的交流が深まりました。

続きは、添付のPDFをお読みください。
「16.01.09 2015年キューバ10大ニュース 改定版.pdf」をダウンロード

|

« 論文案内「キューバ経済改革モデルの歴史的性格」 | トップページ | キューバ学習会のお知らせ »

ニュース」カテゴリの記事