« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

ラテンアメリカにおける小林多喜二

ラテンアメリカにおける小林多喜二

小林多喜二の本の最初のスペイン語訳は、1983年にキューバのウラカン社から出版された、『蟹工船』です。中にはやはり多喜二の傑作『不在地主』も納められています。しかし、原本の書名、発行所も、著作権取得の表示もありません。米国の経済封鎖で米国とキューバの間には著作権協定がないからです。内容を見ると、フランク・モトフジという人による日本のプロレタリア文学について、実に詳細で正確な序文が34ページも掲載されています。読者にとって親切な編集です。続きは添付のPDFをお読みください。
「14.12.30 ラテンアメリカにおける小林多喜二.docx」をダウンロード

|

2014年12月18日 (木)

米国・キューバの友好関係の確立は、何を意味するか

米国・キューバの友好関係の確立は、何を意味するか

12月17日、バラク・オバマ米国大統領、ラウル・カストロ、キューバ国家評議会議長は、前日の16日電話会談を行い、両政府は、国交回復を進めることで合意したと発表しました。1961年1月にアイゼンハワー政権が一方的に国交を断絶して以来、途絶えていた両国関係が54年ぶりに復活することになります。

続きは添付のPDFをお読みください。「14.12.18 米玖国交回復をどう見るか.pdf」をダウンロード

|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »