« キューバ学習会のお知らせ | トップページ | 米国・キューバの友好関係の確立は、何を意味するか »

2014年11月29日 (土)

アジア・アフリカ人民連帯機構(AAPSO)大会に参加報告会

アジア・アフリカ人民連帯機構(AAPSO)大会に参加して
田中靖宏日本AALA常任理事、AALA機関紙編集長が報告します

どなたでも参加できます。

大会で、「東アジアの平和共同体」構想に理解
 非同盟諸国首脳会議のオブザーバー組織であるアジア・アフリカ人民連帯機構(AAPSO)の大会が、10月18日~20日にスリランカのコロンボで6年ぶりに開催されました。日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会(日本AALA)は、AAPSOの常設書記局メンバーです。大会には、日本AALAを代表して、田中靖宏常任理事が参加をしました。
21か国から60人代表が参加し、アジア、中東、アフリカ各国の生き生きとした情勢や課題が語られました。また、各国で、紆余曲折はありながらも、軍事同盟や核兵器によらない平和な国際秩序をめざして運動が繰り広げられていることなども報告されました。田中さんは、日本の現状と共に、日本AALAの運動、特に「東アジアの平和共同体」をめざす方針や取り組みを紹介し、参加者から大きな共感を得ました。また、各国の参加者と交流と連帯を深めました。

要項
■日時 12月17日(水)6:30開会
■場所 エディカス東京 地階会議室
東京都千代田区二番町12-1
 ・JR 市ヶ谷駅、四ツ谷駅下車徒歩7分
 ・地下鉄有楽町線 麹町駅下車徒歩2分
■内容 AAPSO大会に参加しての報告
■講師 田中靖宏 日本AALA常任理事
    AALA機関紙編集長
主催  日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会  電話 03-5363-3470

|

« キューバ学習会のお知らせ | トップページ | 米国・キューバの友好関係の確立は、何を意味するか »

イベント案内」カテゴリの記事