« ガルシア・マルケスの意外な一面 | トップページ | コスタリカ新政権1か月 »

2014年6月29日 (日)

マヤ文明を知り、現代文明を考える講演会のお知らせ

友人の清水透さんが素晴らしいお話をしてくださいます。世界的水準を行く、現地聞き取り調査35年の経験から、壮大な広がりの世界、味わい深い文明の分析などが語られます。

第49回 談話サロン
マヤの世界の神意識
そして私達の<いのち>
お話し:慶応義塾大学名誉教授清水 透さん

日時:2014年7月5日(土) 午後2時~4時
場所:西東京市ふれあいセンター
   西東京市北町1-3-14
   電話042-425-2103

マヤ文明とは? 現代のマヤ人とは? そこに脈々と続く伝統・習慣は? メキシコ先住民であるマヤの人々とふれあって35年。
その中で体験し、考えた<命とは何か>など、様々な事柄を慶応義塾大学名誉教授の清水さんが語ってくださいます。

1. マヤ文明とは。
その見所。素晴らしさは。

2. 現在のメキシコ先住民(マヤ)の生活は。
現代化の波を受けているか。伝統を守っているか。

3. 病や命の考え方
病や命についてどう考え、どう向き合っているのか。

4. 現代社会の人々の《いのち》が置かれている状況。いのちの大切さの原点とは……。

主催 ふれあいセンター協議会 電話 042-425‐2103
清水さんの写真個展がふれあいセンターで同時開催されています。
タイトル「夢見る森」6月22日(日)~ 7月6日(日)
6月27, 28, 29日は、バザー開催のため鑑賞不可。7月6日は、午前中まで。

清水 透さん プロフィール ・ 年譜
1943年 松本市生まれ.
1968年 東京外国語大学大学院ロマンス系言語専攻修了.その後 東京外国語大学 独協大学 フェリス女学院大学 慶応義塾大学教授歴任.
1981年 以後現在にいたるまで毎年 あるいは隔年でメキシコのチャムーラム村訪問.現地調査を行う。
1984年 ポサスの著書を第一部に ロレンソの語りを第二部に収めた『コーラを聖なる水に変えた人々』(現代企画室)出版.
1988年 チャムーラ村に焦点をあて 聞き取り資料を動員したメキシコ現代史 『エル・チチョンの怒り』(東京大学出版会)出版.
2013年 「砂漠を越えたマヤの民」(『オルタナティヴの歴史学』有志社、所収)出版.


会場ご案内

会場:西東京市ふれあいセンター
    西東京市北町1-3-14
    042-425-2103

アクセス:西武池袋線 保谷駅下車 (池袋駅より準急で約20分)
     ⇒北口より「花バス」で約10分、停留所12番「下保谷2丁目住宅北」下車
     ⇒バス停から10mほど戻り左の細い道を約200m直進。
     ⇒三角の一時停止表示の角を左折。
     ⇒その角から約30mの左側に会場。
  7月5日の講演にご来場の際は、
     13:40保谷駅北口発の「花バス」がご便利です。
     なお、帰路も、同じバス停から保谷駅へ。
     

|

« ガルシア・マルケスの意外な一面 | トップページ | コスタリカ新政権1か月 »

イベント案内」カテゴリの記事