« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年2月

2014年2月23日 (日)

ベネズエラの奇妙な反政府暴力行動

ベネズエラの奇妙な反政府暴力行動

ベネズエラが、奇妙な形で揺れています。2月12日の反政府派の街頭行動に端を発し、各地でマドゥーロ大統領の退陣を要求して、執拗な暴力的行動が行われていると報道されています。では、実際はどうなのか、ひとつひとつ見てみましょう。

続きはPDFをお読みください。

「14.02.21 ベネズエラの奇妙な反政府暴力行動.pdf」をダウンロード


|

2014年2月10日 (月)

キューバ、カリブ海プロ野球シリーズで最下位

キューバ、カリブ海プロ野球シリーズで最下位

2月1日からベネズエラのマルガリータ島で第56回カリブ海プロ野球シリーズが、キューバ、ドミニカ共和国、プエルトリコ、メキシコ、ベネズエラの5チームが参加して開催されました。今回は、キューバが54年ぶりにカリブシリーズに復帰し、キューバチームの試合ぶりが注目されました。キューバ国内ではむろんのこと、キューバチームの優勝が大方の予測でした。

続きはPDFをお読みください。
「14.02.11 キューバカリブ海シリーズで最下位.pdf」をダウンロード

|

2014年2月 3日 (月)

中米における二つの大統領選挙

中米における二つの大統領選挙

2月2日の日曜日、中米の二か国、エルサルバドルとコスタリカで、大統領選挙が行われ、対照的な結果を残しました。エルサルバドルは人口約620万人、有権者数約495万人で、投票率は50%余、コスタリカは人口約480万人、有権者数約306万人で、投票率は61%でした。エルサルバドルは、海外に約300万人、その内250万人が米国に居住しており、実際の投票率に表れない問題があります。コスタリカの投票率61%は、史上最低で、国民の政治への無関心が問題とされています。
続きは、添付のPDFをお読みください。
「14.02.03 中米の二つの大統領選挙.pdf」をダウンロード

|

2014年2月 1日 (土)

清貧大統領ペペ・ムヒカ

清貧大統領ペペ・ムヒカ

ウルグアイのホセ・ムヒカ大統領は、1972年に敗北したツパマロス民族解放運動(MLN)の指導者でしたが、1985年に釈放後政治活動に転じ、2010年左翼の拡大戦線のタバレ・バスケス大統領の後継者として大統領に選出されました。その誠実な政治態度と質朴な生活ぶりから、国民から「ペペ」と呼ばれ、慕われています。

続きは、添付のPDFをお読みください。
「14.02.01 清貧大統領ペペ・ムヒカ.pdf」をダウンロード


|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »