« 詩 オバマの目 草内 俊夫 | トップページ | キューバ、2013年10大ニュース(2) »

2014年1月 1日 (水)

キューバ、2013年10大ニュース(1)

キューバ、2013年10大ニュース(1)
以下のニュースの掲載順は、ニュースの重大性を示すものではありません。準不動です。
① 苦悩するマクロ経済
12月の国会で報告された予報値によると、今年度の国内総生産(GDP)成長率は、計画の3.6%を下回り2.7%の見通しです。2009年から、1.4、2.1、2.8、3.0、2.7%と低成長が続いています。2014年度は、2.2%の成長率が見込まれています。これらの数字は、ラテンアメリカ・カリブ海諸国の平均成長率を下回っており、キューバ経済は停滞していることがうかがわれます(表1参照)。また、財政赤字も、本年度は、GDPの1.2%でしたが、来年度は4.7%が予想されています。財政赤字の幅は、GDPの3%近くで一応許容範囲と考えられていますが、GDPの成長率を上回り、財政赤字が増加していることです(表2参照)。これらは、インフレの要因となるのではと憂慮されています。
経済の停滞の原因は、ニッケル、砂糖価格の低下による貿易収入の減少、輸入食料品価格の上昇、輸入資材の引き渡しが契約納期に遅延したことから生産が遅れたこと、製造業、建設業一般の不振などが挙げられています。
続きは、添付のPDFをお読みください。
「14.01.01 キューバ10大ニュース (1)訂正版.pdf」をダウンロード


|

« 詩 オバマの目 草内 俊夫 | トップページ | キューバ、2013年10大ニュース(2) »

ニュース」カテゴリの記事