« 国連における米国の対キューバ経済封鎖解除決議結果をどう見るか | トップページ | キューバとキューバ人についての13の「一般に信じられている真実」 »

2013年11月 2日 (土)

「見た、闘いた! キューバ改革最前線」発刊、好評販売中

雑誌「経済」12月号(新日本出版社刊)に以下のように紹介いただきました。

千葉県アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会
見た、闘いた!
キューパ改革最前線

千葉県AALAのメンバー18人による「キューバ訪問の旅」(13年2月11~20日)の報告集です。キューバ研究者・新藤通弘氏がコーディネートした「旅」は、経済、農業、医擦、外交の「改革最前線」を探る日程で目一杯。「スペイン語のシャワーを浴びた」と参加者の声が載っている。
本書には、新藤氏による紹介「キューバという国」、経済改革=二つの研究所3人の教授の話、農業改革=1人の教授の話と二つの協同組合での聞き取り、医療=ラテンアメリカ医学校での聞き取り、外交=外務省の担当官と二つの研究所の教授の話が収録されています。参加者のコラム、図表や写真も豊富で、キューバの「今」が分かる貴重な一冊です。A5判168頁。(一)

千葉県AALA刊行・1,050円(税込)、送料別。
連絡先=tel&fax 047-489-5401

 この他、キューバに関心をもっている研究者の方々や、キューバとの貿易に携わっている方々から、貴重な最新のデータが満載されており、とても役に立つと、感想をいただいています。この機会に、是非ご購読ください。日本の新聞や雑誌で紹介されていない、キューバの最新の改革についての報告書です。


|

« 国連における米国の対キューバ経済封鎖解除決議結果をどう見るか | トップページ | キューバとキューバ人についての13の「一般に信じられている真実」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事