« ラウル議長も嘆くキューバ社会の実態 | トップページ | キューバの教育の現状 »

2013年9月12日 (木)

『見た、聞いた!キューバ改革最前線』刊行のご案内

キューバ経済改革の最新情報を提供するブックレットが9月27日に刊行されます。
この度、千葉県アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会より、『見た、聞いた!キューバ改革最前線』A5版、168頁、定価1,000円(税込1,050円、送料別)が発刊されることになりました。

1


この本の特徴は、
1. キューバ経済の歴史と現状と展望
2. 農業改革の現状と課題
3. 医療と教育の現状と問題点
4. キューバの外交政策
を、いずれもキューバで第一級の研究者たちが、最新の統計を駆使し、豊富な表とグラフと使って報告しています。「キューバ経済モデルの刷新」と呼ばれる現在の改革を知るための類書を見ない、格好の資料となっています。さらに読者に便利なように、概略年表、索引も掲載されています。内容は、別添のPDF「目次」をご参照ください。

購入をご要望の方は、下記にお申し込みください。
日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-11-7 第33宮庭ビル4F
電話 03-5363-3470、FAX 03-3357-6255
郵便振替口座 00110-6-72434

「13.09.12 キューバ改革最前線【目次】.pdf」をダウンロード

|

« ラウル議長も嘆くキューバ社会の実態 | トップページ | キューバの教育の現状 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事