« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月23日 (月)

キューバの教育の現状

キューバの教育の現状

キューバの教育といえば、「世界がキューバの高学力に注目するわけ」(吉田太郎)、革命下のキューバにチェ・ゲバラの歌声が響く」(川上重人)など、高く称賛する人びとが少なくありません。いずれも、日本の教育の現状を憂え、キューバの教育に理想郷を見る人たちのようです。確かに、日本の教育の現状は、数々の深刻な問題を抱えています。しかし、自らの教育観の理念型をキューバに投影し、そこから反射を受けて恣意的に判断しても、真の変革の力とはなりにくいのではないでしょうか。

確かにキューバは、1959年の革命勝利後、社会主義をめざす政策によって、医療とともに教育を重視してきました。次の表を見ますと、キューバ政府が、経済的に豊かでない途上国でありながら教育に並々ならぬ力を入れており、基本的に無料制度のもとで、高等教育就学率、教員一人当たり初等教育児童数で、優れた成果を挙げていることが伺われます。

続きは、添付のPDFをお読みください。
「13.09.21 キューバの教育の現状.pdf」をダウンロード

|

2013年9月12日 (木)

『見た、聞いた!キューバ改革最前線』刊行のご案内

キューバ経済改革の最新情報を提供するブックレットが9月27日に刊行されます。
この度、千葉県アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会より、『見た、聞いた!キューバ改革最前線』A5版、168頁、定価1,000円(税込1,050円、送料別)が発刊されることになりました。

1


この本の特徴は、
1. キューバ経済の歴史と現状と展望
2. 農業改革の現状と課題
3. 医療と教育の現状と問題点
4. キューバの外交政策
を、いずれもキューバで第一級の研究者たちが、最新の統計を駆使し、豊富な表とグラフと使って報告しています。「キューバ経済モデルの刷新」と呼ばれる現在の改革を知るための類書を見ない、格好の資料となっています。さらに読者に便利なように、概略年表、索引も掲載されています。内容は、別添のPDF「目次」をご参照ください。

購入をご要望の方は、下記にお申し込みください。
日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-11-7 第33宮庭ビル4F
電話 03-5363-3470、FAX 03-3357-6255
郵便振替口座 00110-6-72434

「13.09.12 キューバ改革最前線【目次】.pdf」をダウンロード

|

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »