« キューバ共和国憲法、翻訳される | トップページ | グローバル・クーデター:TPP なぜひた隠しにするのか? »

2013年6月21日 (金)

カリブ海諸国事情講演会のお知らせ

カリブ海諸国事情講演会のお知らせ
1973年にカリブ海諸国によりキューバを除き結成されたカリブ共同体(CARICOM)は、その後拡大し、現在は14カ国となり、さらに1994年にはキューバや中米諸国も含めた25カ国で構成するカリブ諸国連合(AEC)が創設されました。そして、2002年からカリブ共同体は、キューバとの関係を一層深め、CARICOM+1として、4年に一度定期首脳会議を開催するようになっています。2005年には、ベネズエラのチャベス大統領が推進するペトロ・カリブ(石油供給協定)が発足し、カリブ海諸国すべてが加盟し、エネルギーの供給協力を基礎としながら、自主的な国づくり、金融・貿易の協力、経済の多角化、貧困の克服に努力しています。今注目されているこの地域の動きを知るための学習会を計画しました。ぜひお越しください。

期日:2013年7月1日(月)午後18:30~20:30 (18:00開場)
テーマ:自主的な発展が進むカリブ海諸国はどこに向かおうとしているのか
講師:新藤通弘(城西大学・明治学院大学講師)
場所:エデュカス東京(全国教育文化会館)千代田区二番町12-1 Tel:03-5210-3511
最寄駅:地下鉄有楽町線麹町駅下車1分、JR四谷駅・市ヶ谷駅下車徒歩7分、日本テレビ向側
資料代:500円
どなたでも参加できます。
主催:日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会
TEL:03-5363-3470 FAX:03-3357-6255
E-mail:info@japan-aala.org

|

« キューバ共和国憲法、翻訳される | トップページ | グローバル・クーデター:TPP なぜひた隠しにするのか? »

イベント案内」カテゴリの記事