« オマール・エベルレニ・ペレス教授インタビュー | トップページ | ベネズエラ共産党議長、ヘロニモ・カレーロさんを偲ぶ »

2013年4月28日 (日)

国際友好、国際連帯のあり方を考える

国際友好、国際連帯のあり方を考える

最近、あることから、国際友好、国際連帯のあり方を考える機会がありました。日本では、60年代に、国際友好・連帯運動へのソ連(部分核停への支持を巡って)、中国(文化大革命への支持を強要して)両国からの干渉があり、また70年代初めには、北朝鮮の指導者の誕生日に贈り物をする運動や、その指導者のチュチェ(自主)思想を日本で普及する運動が行われ、それらとたたかう形で、自主的な立場に立つ国際友好・連帯運動の基準が作られてきました。

続きは、添付のPDFをお読みください。「13.04.28 国際友好、国際連帯のあり方を考える.pdf」をダウンロード


|

« オマール・エベルレニ・ペレス教授インタビュー | トップページ | ベネズエラ共産党議長、ヘロニモ・カレーロさんを偲ぶ »

歴史」カテゴリの記事