« キューバ農業、不振続く | トップページ | 広島の影の中で »

2012年8月 3日 (金)

ある反体制派活動家の交通事故死

ある反体制派活動家の交通事故死

さる7月22日午後1時50分、キューバ東部のグランマ県のバヤモ市のラ・ガビーナで、交通事故により、反体制派のグループの一つ、キリスト教解放運動のリーダー、オスバルド・パヤー・サルディーニャス(60歳)とハロルド・セペーロ・エスカランテ(31歳)の2名が死亡、運転していたスペイン人のアンヘル・カロメーロ・バリオス(27歳)と同乗者のスウェーデン人のジェンス・アロン・モディグ(27歳)は、軽症を負い、バヤモの病院に収容され、治療を受けました。

続きは、添付のPDFをお読みください。
「12.08.03 反体制派活動家の交通事故死.pdf」をダウンロード

|

« キューバ農業、不振続く | トップページ | 広島の影の中で »

国内政治」カテゴリの記事