« 広島の影の中で | トップページ | ベネズエラの選挙情勢 無党派層について »

2012年8月13日 (月)

ベネズエラの選挙情勢をどうみるか

ベネズエラの選挙情勢をどうみるか

ある講演会の席上、「10月のベネズエラ大統領選挙で、チャベス大統領は、対立候補のカプリーレス候補に追い上げられており、世論調査の支持の差が縮まってきている。再選は危ないのではないか」という質問がありました。また、日本の外務省の専門調査員の報告書(6月15日時点)には、「野党勢力の団結とチャベスの健康不安により、勝敗の見通しを立てるのは非常に難しい。カプリーレスの地道なドブ板戦術が、チャベスの知名度、選挙資金、既存勢力の牙城を切り崩せるかが注目される」と述べています(ラテンアメリカ協会『ラテンアメリカ時報』2012年夏号)。実際、選挙の見通しは、どうなのでしょうか。とかく陥りやすいことですが、各種の世論調査を、主観的なバイアスにかけないで、客観的に見てみましょう。
続きは、添付のPDFをお読みください。
「12.08.13 ベネズエラの選挙情勢をどうみるか.pdf」をダウンロード

|

« 広島の影の中で | トップページ | ベネズエラの選挙情勢 無党派層について »

ベネズエラ分室」カテゴリの記事