« メキシコ、「完璧なる独裁制」に回帰か? | トップページ | ある反体制派活動家の交通事故死 »

2012年7月15日 (日)

キューバ農業、不振続く

キューバ農業、不振続く

最近発表されたキューバの2011年の統計によると、キューバ農業の不振が続いています。2011年、国内総生産(GDP)全体は、2.7%(前年度2.1%)の微増でしたが、農業・牧畜・林業部門は、2.0%(前年度3.5%)の成長でした。2011年度世界経済全体は、3.1%(前年度3.6%)、ラテンアメリカ全体は4.4%(前年度5.2%)でしたから、キューバ経済全体が低迷していると言えます。農業生産は、ラテンアメリカ全体では、2010年6.3%であり、2011年の資料は未だ発表さていませんが、同じような傾向と推察されます。

こうしたキューバの農業不振は、「有機農業で、200万人のハバナ市の野菜が自給できたり、1000万人のキューバ国民の食料が自給・自立できている」と信じている、有機農業信奉者の方々には、信じられないことでしょう。この信心は、①1990年代にソ連・東欧諸国の旧体制の崩壊により、貿易の85%をこれらの国々に負っていたキューバが、貿易依存度の高いことから、資材の供給が激減したという紛れもない事実に、②キューバ有機農業が全国的に展開されたという間違った認識が適用され、さらに③有機農業により農業生産が増大してほしいという願望が作用して、有機農業により農業が飛躍的に増産したという、架空の事実に基づくものです。

それでも、2011年の農業生産が2.0%伸びているではないか、と主張する人びともいるかと思います。しかし、栽培品目別にみると、事の深刻さが分かります。つまり、じゃがいもはマイナス13.5%、さつまいもはマイナス18.9%、里芋はマイナス3.9%、にんにくはマイナス22.8%、オレンジはマイナス31.1%、グレープフルーツはマイナス18.7%、マンゴはマイナス9.1%です。一方増産したのは、料理用バナナ20.4%、トマト16.2%、玉ねぎ28.5%、キャベツ21.2%、米24.6%、トウモロコシ9.1%です。肉類は、牛肉4.7%、豚肉2.3%、鳥肉5.3%、玉子は7.8%増産です。

野菜類の増産が目につきますが、毎日の食卓で、一般にキューバ人は、米、豆、玉子、豚肉、料理用バナナ、ジャガイモが主食で、野菜はあまり食べず、食べてももちろん副食の位置付です。米、トウモロコシ、豆、鳥肉は輸入しており、この程度の増産で輸入を止めることはできません。輸入分が減るだけで、国民への全体の供給量は、同じでしょう。食卓への供給が増えるものではありません。玉子、料理用バナナの増産も、食卓を豊かにする数量ではありません。

こうした現状から、農産物の自由市場での販売価格は、値下がりしていません。増産があった栽培品目も、もともと絶対供給量が少ないので、少々の増産では価格に影響しません。自由市場での販売価格は、月額450ペソ程度の平均賃金からするとかなり高いもので、国民の不満の対象となっています。例えば、それぞれキロ当たりで、豚肉(もも肉)80-90ペソ、トマト11ペソ、マランガ7ペソ、玉ねぎ7ペソ、ニンジン8ペソ、レモン20ペソです。また、1個当たり、アボガド5ペソ、レタス5ペソです(いずれも筆者調査)。配給食糧の不足分(15日分)を埋め合わせるためにこれらを自由市場で買うと、一月の賃金をはるかに上回ります。

一方、フィデル・カストロ前議長は、6月17日、このところの持論である、薬木のモリンガの全国的な栽培を、省察「栄養の供給と健康的な摂取」で訴えました。そこでは、「モリンガをキューバで大量に生産する条件ができている。モリンガは、さらに肉、玉子、牛乳、シルク繊維を作る無尽蔵の資源である」と述べています。その後、グランマ紙やフベントゥ・レベルデ紙にモリンガの効用を紹介する記事が数点紹介されていますが、幸いなことに全国的な栽培キャンペーンとはなっていません。キューバの食料問題は、特定の栽培品目の一大生産運動で解決する技術的な問題ではないからです。また、有機農業という特定の農業技術で解決できるものでもありません。

ちなみに、このモリンガの一大生産運動の提唱は、フィデルが本年6月9日から19日までに書いた「省察」の一連の新しいスタイル(5-6行の短文)で述べているものです。その一連の省察では、中国の鄧小平を「キューバを制裁しなければならないと根拠のない攻撃を行った」と批判し(6月14日、ラウルの中国訪問の3週間前)、東独の議長、エーリッヒ・ホーネッカーを「これまでに会った最も革命的な人物、今でも深い連帯の感情を抱いている」と称賛しています(6月17日)。これら一連の省察は、キューバ内外で、論理の飛躍、現時点でのテーマの必要性、意味不明などが指摘されています。フィデルの演説、記述は、従来、論理的で、時宜にかなったものであっただけに、妙な感じをいだかせるものです。

(2012年7月15日 新藤通弘)

|

« メキシコ、「完璧なる独裁制」に回帰か? | トップページ | ある反体制派活動家の交通事故死 »

農業」カテゴリの記事