« 映画監督レステルの思い出 | トップページ | カリブの小国の果敢な決断 »

2012年6月 9日 (土)

世界のラム酒メーカー、バカルディVSハバナ・クラブの熾烈な戦い

世界のラム酒メーカー、バカルディVSハバナ・クラブの熾烈な戦い

最近、ある飲料メーカーが、バカルディ社の缶入りカクテル「キューバ・リブレ」、「モヒート」をテレビのコマーシャルなどを利用して大々的に宣伝し、バカルディ社、あるいはラム酒への関心が高まっています。素朴なキューバ・ファンの方々は、この「キューバ・リブレ」(正しくはクーバ・リブレCuba Libre)には、キューバのラム酒が使われているから、バカルディのこのカクテルを飲もうと盛り上がったり、中には、さすがに、このキューバのラムの「キューバ・リブレ」、「モヒート」はおいしいと自画自賛の賛美を送っている人びともいます。

お酒の味は、好みですから、バカルディのラム、あるいはこれらのバカルディのカクテルがおいしいと思う人もいるでしょうし、それらは尊重されるべきでしょう。

続きは、添付のPDFをお読みください。
「12.06.11 クーバリブレとバカルディ.pdf」をダウンロード

|

« 映画監督レステルの思い出 | トップページ | カリブの小国の果敢な決断 »

外交」カテゴリの記事