« 世界の世論を無視した偏狂なフロリダ州の対キューバ法案 | トップページ | 中南米研究フォーラム主催 講演会のお知らせ »

2012年5月 7日 (月)

映画『ハバナステーション』鑑賞の栞

キューバ映画上映会:『ハバナステーション』
が、下記の通り上映されます。その際の鑑賞の栞をご案内します。

会場: セルバンテス文化センター東京
日程: 2012年5月12日土曜日, 18:15
マジートとカルロス、2人の子供の関係を通して、今のハバナが持つ社会的不平等を浮き彫りにする。ストーリーは、革命広場に程近い、貧しい架空の居住区ラ・ティンタを舞台に進む。カルロスの住むラ・ティンタに迷い込んだマジートは、自身の住む高級住宅地ミラマールとは異なるキューバを見出す。2人は5月1日を共に過ごすことで、お互いの現実と向き合うことになる。日本初上映。
言語:スペイン語(日本語字幕付)

入場料は無料です。要予約。

添付のPDFをご覧ください。

「12.05.10 ハバナステーション(Habanastation).pdf」をダウンロード

|

« 世界の世論を無視した偏狂なフロリダ州の対キューバ法案 | トップページ | 中南米研究フォーラム主催 講演会のお知らせ »

映画・テレビ」カテゴリの記事