« 中南米研究フォーラム主催 講演会のお知らせ | トップページ | 京都外国語大学創立65周年記念国際シンポジウムのお知らせ »

2012年5月20日 (日)

オスバルド・マルティネス世界経済研究所所長とのインタビュー

オスバルド・マルティネス世界経済研究所所長(CIEM)、国会経済政策委員会委員長とのインタビュー

現在、キューバでは、これまでの「経済モデルの刷新」(経済改革)が、進められています。昨年4月には、第6回党大会を開催し、「党と革命の経済・社会政策路線」を策定し、「刷新の導入・発展のための政府常設委員会」を創設して、経済改革の方針と体制が整えられました。また、今年の1月には、第1回党全国会議が開催され、改革の中での党活動のあり方、改革から生じる問題が議論されました。そこで、国会議員でもあり、国会経済政策委員会委員長として、毎年国会でキューバの経済状況を報告している、キューバ経済学者の重鎮であるオスバルド・マルティネス世界経済研究所所長(CIEM)に最近の改革の状況を聞いてみました。

詳細は、添付のファイルをお読みください。「12.05.20 オスバルド・マルティネス世界経済研究所所長インタビュー.pdf」をダウンロード

|

« 中南米研究フォーラム主催 講演会のお知らせ | トップページ | 京都外国語大学創立65周年記念国際シンポジウムのお知らせ »

経済」カテゴリの記事