« 第6回米州首脳会議 | トップページ | キューバ映画週間のご案内 »

2012年4月23日 (月)

現在の経済改革の中で気になること

現在の経済改革の中で気になること。

キューバ共産党第一回全国会議が、1月28日、29日の二日間、80万人余の党員を代表し、806名の代議員が参加して開催され、4つの分科会で討論が行われました。そのうち、中央委員で、宗教問題担当責任者のカリダード・ディエゴさんが主催した第二委員会政治的・思想的活動(219人参加)での彼女の発言に驚きました。ディエゴさんは、キューバでの自営業者が労働者を雇用する問題で、次のように述べています。

「キューバでは、一定の労働条件が維持され、また国が基本的な生産手段を維持している社会であるから、自営業者が労働者を雇用して賃金を払っても、それは搾取には当たらない。したがって、搾取を禁止している現行憲法に違反しない」。

「12.04.11 改革の中で気になること.pdf」をダウンロード

続きは、添付のPDFをお読みください。

|

« 第6回米州首脳会議 | トップページ | キューバ映画週間のご案内 »

経済」カテゴリの記事