« パレスチナ・アラブ講演会 | トップページ | 中南米カリブ海諸国共同体(CELAC)発足 »

2011年12月 3日 (土)

新たなキューバ神話、世界で唯一の持続可能国家?

新たなキューバ神話、世界で唯一の持続可能国家?

最近、筆者の講演会の案内を受け取ると、次のように書いてありました。
「カストロ、ゲバラ、
町は音楽であふれ、
医療・教育を世界が手本とし、
有機農業で食料危機を救い」

ここには、小生の講演内容とは正反対のことが書かれており、当惑しましたが、主催者がすでにチラシを配布されており、そのままにしておきました。さらに、別な講師の講演会の案内には、
「9割型完成していた原発を廃炉にし、
世界唯一の持続可能な国家、キューバ」
と書かれています。とすると、こうした案内文が示すようなキューバが、一般のキューバ好きの方々のキューバについてのイメージのようです。

一方で、自主的な立場に立ちつつ、キューバを良く知っている人々から最近しばしば聞かれることは、
「キューバはなぜ倒れないのか? キューバはもつのか?」
ということです。

さて、実際は、どうなのでしょうか。キューバ研究はここから始まります。

続きは添付のPDFでお読みください。

「11.12.04 持続可能な国家か.pdf」をダウンロード

|

« パレスチナ・アラブ講演会 | トップページ | 中南米カリブ海諸国共同体(CELAC)発足 »

国内政治」カテゴリの記事