« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

米国のグローバル覇権主義戦略から見た韓米自由貿易協定とTPP

米国のグローバル覇権主義戦略から見た韓米自由貿易協定とTPP

11月22日、韓国国会において韓米自由貿易協定(FTA)批准同意案が、「奇襲」の形で強行採決されました。「だまし討ち的な」強行採決は、本来、韓米自由貿易協定の必要性が低いこと、経済・食料主権を守ろうとする国民の反対が強いことをうかがわせます。

 もともと経済大国は、世界制覇を強固にするために自由貿易を強要するものです。18世紀の半ば、マルクスは、自由貿易が持つ本質を次のように喝破しています。
「なるほど(イギリスは、自国の農業を守っている)穀物法を廃止すれば農業は破滅するだろうが、しかし、ほかの国がわが国の工場から必要な物を輸入するようになり、それらの国の工場が廃棄されるということにはならないだろう。・・・自由貿易により一国の内部に発生するすべての破壊的現象は、もっと巨大な規模で全世界の市場に再現する。一般的には、保護貿易制度は保守的である。これにたいして自由貿易制度は破壊的である。・・・自由貿易による競争はあらゆる商品の価格をその生産費の最小限まで引き下げ、したがって賃金も最小限まで引き下げられる」(マルクス「自由貿易間題についての演説」全集④一部読みやすく改訳)。

ところで、1990年代以降米国が推し進めている自由貿易は、多国籍企業が進める新自由主義による市場原理主義と覇権主義的世界戦略が結びついたものです。米国は、ヨーロッパ連合にも加盟できず、ラテンアメリカでも米州自由貿易圏(FTAA)を推進できずに、経済支配の地域を太平洋地域に転換してきたのは明白です。そこで、昨年米国は、国家戦略として「世界経済をリードする」ため、5年間で輸出を倍増し、雇用を200万人増大することを決めています。その中心市場が環太平洋地域なのです。

そこで、米国は中核の政策として、「自由で公正な市場アクセスの確保」という名目で、環太平洋連携協定(TPP)や、二国間FTAを推進することと表明しています。その推進力となるのは米国が結んでいる軍事同盟で、いずれの軍事同盟も経済的連携を柱の一つとしています。

したがって、オバマ政権は、軍事同盟を締結している日本(日米安保条約)とオーストラリア(豪米安全保障条約=ANZUS)とは、多国間自由貿易のTPPを、韓国(韓米相互防衛条約)とは二国間自由貿易の韓米FTAを強引に推し進めているのです。

11月27日、オバマ大統領は、オーストラリア議会で、「アジア太平洋における米国のプレゼンスと任務は最優先事項であり」、「他地域では防衛費を削減しつつも、将来の予算では、この地域では強力な軍事力を維持するのに必要な資源を割り当てる」と軍事的戦略を述べつつ、経済面では「韓国との歴史的貿易協定を足場として、米国は、APEC〔アジア太平洋経済協力会議〕を始め、これまでで最も野心的な貿易協定、環太平洋連携協定〔TPP〕を実現する途上にある」と、米国のグローバル国家戦略を明言しています。

それゆえ、韓米FTAでは、米国投資家による国際投資紛争仲裁センター(ICSID)への提訴権を認める条項や、米国企業が期待した利益を得られなかった場合、米国政府が米国企業の代わりに、ICSIDに対して韓国を提訴できる条項、韓国にはほとんど実行不可能なセーフガード条項など、韓国の国家主権を侵害する屈辱的な諸条項を、李明博(イミョンバク)政権は受け入れさせられ、国民の強い批判を浴びているのです。

また、基本的に米国は、協定の目的は、「自由で公正な市場」の実現ですから、今後いかようにも問題が投げかけられることが危惧されます。現在の日本が行っているTPP加盟交渉では、同じような米国の一方的な要求が出されてきますし、もしTPPを締結した後でも「自由で公正な市場」となっていないと際限なく要求がエスカレートする恐れがあります。

しかし、本来、自由貿易は、対等、平等、相互尊重、互恵の原則に立ってはじめて双方の経済発展と国民生活にプラスになるものです。

本稿は、全国商工新聞、2011年12月12日掲載したものを加筆したものです。

(11.12.31 新藤通弘)


|

2011年12月29日 (木)

オッペンハイマー:キューバを知らない「キューバ通」

オッペンハイマー:キューバを知らない「キューバ通」

アンドレス・オッペンハイマーは、ラテンアメリカ問題専門のジャーナリストで、マイアミの保守系有力紙「マイアミ・ヘラルド」のコラムニストです。彼は、1992年『カストロの最後のとき』というセンセーショナルな本でフィデル・カストロ政権が早晩に崩壊すると予言しましたが、ご承知のように予言ははずれ、カストロ政権は、継続しました。筆者は、かつて、「オッペンハイマーのたわごと」(2010年4月9日)で、また「オッペンハイマーの予見力」(2011年4月11日)で彼の見解を批判しました。その後のキューバの展開は、オッペンハイマーの予見するようには展開せず、筆者の指摘が正しかったことを示しています。

その彼が、またしても見当違いのキューバ論、「考えられない、キューバがIMFに助言を要請?」を「マイアミ・ヘラルド」(2011年12月15日)で展開しています。

さて、今回、オッペンハイマーは、元クリントン政府の高官、リチャード・E・ファインバーグによるブルッキングス研究所の調査報告書「橋をかけながら:新しいキューバ経済と国際的な反応」をやり玉に挙げて、キューバの現状を痛罵しています。まずは、それを紹介しましょう。

続きはPDFでお読みください。
「11.12.28 キューバを知らないキューバ通、オッペンハイマー.pdf」をダウンロード

|

2011年12月25日 (日)

2011年度キューバ経済速報値

2011年度キューバ経済速報値

12月21日に発表された国連ラテンアメリカ・カリブ海経済委員会(CEPAL)の速報値と、12月23日にキューバの国会で発表された速報値からすれば、本年度キューバ経済は、次のとおりでした。

GDP(国内総生産)経済成長率は、計画の3.0%のところを2.7%(CEPALでは2.5%)で目標を下回りました。ラテンアメリカ全体では、4.3%の見込みです。キューバは、低成長が続いているといえます。理由は、投資の不足(74%)、一部の農業生産(2.0%)、食品工業、建設資材生産の未達成によるものです。農業は、特に豆、バナナ、豚肉、牛乳の生産が計画を下回り、輸入を増やさなければならず、16億7000万ドル輸入しなければなりませんでした。

続きは、添付のPDFをお読みください。

「11.12.25 2011年度キューバ経済速報値.pdf」をダウンロード

|

2011年12月18日 (日)

「グアヒラ・グアンタナメラ」の意味は?

「グアヒラ・グアンタナメラ」の意味は?

グアヒラ・グアンタナメラは、キューバのポピュラー音楽としては、世界で最も歌われている曲でしょう。その歌詞のバージョンは、世界で150以上もあるといわれています。今一番歌われているのは、19世紀末のラテンアメリカ屈指の詩人でもあり、キューバ独立運動の指導者、使徒ともいわれるホセ・マルティ(1853—1895)の「素朴な詩」の数節です。

最近、あるイベントでこの曲を紹介することになり、みんなで歌うことができるように、歌詞を訳し、楽譜の音符に乗せようと思いました。現在日本語になっているのは、いずれも原詞のホセ・マルティの訳からずいぶん離れており、以前から、私なりに訳してみたいと思っていました。

ところで、この曲の紹介自体が、日本でもいろいろ間違って書かれています。八木啓代さんは、「(この曲は、)キューバの国民詩人ホセ・マルティの革命詩に、ホセイート・フェルナンデスが作曲し、後にピート・シーガーが世界に紹介したことによって、ラテンアメリカ音楽の定番的なヒットとして定着した」(八木啓代・吉田憲司『キューバ音楽』青土社(2001年))と紹介されています。また、これほど、時代と事実を逆にとらえてはいませんが、長いキューバ音楽研究の蓄積のある竹村淳さんの好著でさえも「曲は、ホセイート・フェルナンデスがグアヒーラのスタイルでつくり、45年に初録音。今巷で親しまれているのは、60年頃フェルナンデス自身が自作の歌詞に代え、ホセ・マルティの詩を使ったバージョンである。フェルナンデスなりの革命への共感が歌詞を代える動機となったのだろうか」(竹村淳『ラテン音楽名曲名演ベスト111』(アルテス、2011年)とあります。

しかし、事実は、このグアヒラ・グアンタナメラは、ホセイート・フェルナンデスによって1928年に作曲され*、様々な歌詞で歌われていたものに、スペイン人でハバナ在住のフリアン・オルボン(1925-1991)が、1940年代にマルティの「素朴な詩」の中の数節を取りだし、歌詞として歌ったものです(詳細は本ブログ掲載のエミール・ガルシア・メラーヤ「グアヒーラ・グアンタナメラは、どのようにつくられたか」前田恵理子訳Cuba Now January 28, 2009を参照ください)。(*1928年と1929年と二つの説があります)

続きは添付のPDFでお読みください。
「11.12.17 グアヒラ・グアンタナメラ.pdf」をダウンロード

楽譜はこのPDFで
「11.12 グアヒラ・グアンタナメラ楽譜と歌詞.pdf」をダウンロード

|

2011年12月12日 (月)

中南米カリブ海諸国共同体(CELAC)発足

中南米カリブ海諸国共同体(CELAC)発足
12月3日、ラテンアメリカ・カリブ海諸国33カ国が参加して、新しい地域機構「中南米カリブ海諸国共同体(CELAC)の首脳会議が、ベネズエラの首都カラカスで開催され、CELACが設立されました。米州大陸35カ国のうち、米国とカナダを除き、33カ国が参加し、設立されたものです。

CELAは、総面積:約2000万平方㎞(世界の陸地の15%)をかかえ、人口、約5億9400万人(世界の約9.8%)が住み、合計国内総生産は4兆8045億ドル(世界の7.9%)に達します。公式原語は、旧植民地の歴史を反映し、スペイン語、ポルトガル語、英語、フランス語となっています。

続きは、添付のPDFでご覧ください。

「11.12.12 中南米カリブ海諸国共同体発足.pdf」をダウンロード

|

2011年12月 3日 (土)

新たなキューバ神話、世界で唯一の持続可能国家?

新たなキューバ神話、世界で唯一の持続可能国家?

最近、筆者の講演会の案内を受け取ると、次のように書いてありました。
「カストロ、ゲバラ、
町は音楽であふれ、
医療・教育を世界が手本とし、
有機農業で食料危機を救い」

ここには、小生の講演内容とは正反対のことが書かれており、当惑しましたが、主催者がすでにチラシを配布されており、そのままにしておきました。さらに、別な講師の講演会の案内には、
「9割型完成していた原発を廃炉にし、
世界唯一の持続可能な国家、キューバ」
と書かれています。とすると、こうした案内文が示すようなキューバが、一般のキューバ好きの方々のキューバについてのイメージのようです。

一方で、自主的な立場に立ちつつ、キューバを良く知っている人々から最近しばしば聞かれることは、
「キューバはなぜ倒れないのか? キューバはもつのか?」
ということです。

さて、実際は、どうなのでしょうか。キューバ研究はここから始まります。

続きは添付のPDFでお読みください。

「11.12.04 持続可能な国家か.pdf」をダウンロード

|

2011年12月 2日 (金)

パレスチナ・アラブ講演会

12月6日(火) 講演会のお知らせ
パレスチナ人民の民族自決、国連加盟のたたかいとアラブの春

9月23日の国連総会でPLOのアッバス議長は、国際法に違反し続けるイスラエルと、それを支持するアメリカに対して、「パレスチナの独立と国連加盟」を突きつけました。拒否権を使うと脅すアメリカ。歴吏の転換点にいる世界、アラブの春は、パレスチナにも春をもたらすのか―

シアム駐日大使からは、「国連加盟のたたかいとこれから」を、伴特派員からは、「この目で見た民衆のたたかい―アラブの春は今―」をお聞きします。

講演:
ワリード・アリ・シアム大使「パレスチナ人民の民族自決と国連加盟のたたかい」1955年ベイルート生まれ。1999年からパレスチナ駐日代表に就任。
伴安弘氏:「この目で見た民衆のたたかい一アラブの春は今一」 『しんぶん赤旗』外信部員カイロを拠点にアラブ諸国を取材。

とき:12月6日(火)18:30-20:50
ところ:全国教育文化会館7F
資料代:500円 (通訳付)
主催:日本/東京アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会

詳細は添付のPDFをご覧ください。

「11.12.06 パレスチナ・アラブ講演.pdf」をダウンロード

|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »