« 新たなキューバ神話、世界で唯一の持続可能国家? | トップページ | 「グアヒラ・グアンタナメラ」の意味は? »

2011年12月12日 (月)

中南米カリブ海諸国共同体(CELAC)発足

中南米カリブ海諸国共同体(CELAC)発足
12月3日、ラテンアメリカ・カリブ海諸国33カ国が参加して、新しい地域機構「中南米カリブ海諸国共同体(CELAC)の首脳会議が、ベネズエラの首都カラカスで開催され、CELACが設立されました。米州大陸35カ国のうち、米国とカナダを除き、33カ国が参加し、設立されたものです。

CELAは、総面積:約2000万平方㎞(世界の陸地の15%)をかかえ、人口、約5億9400万人(世界の約9.8%)が住み、合計国内総生産は4兆8045億ドル(世界の7.9%)に達します。公式原語は、旧植民地の歴史を反映し、スペイン語、ポルトガル語、英語、フランス語となっています。

続きは、添付のPDFでご覧ください。

「11.12.12 中南米カリブ海諸国共同体発足.pdf」をダウンロード

|

« 新たなキューバ神話、世界で唯一の持続可能国家? | トップページ | 「グアヒラ・グアンタナメラ」の意味は? »

ラテンアメリカ分室」カテゴリの記事