« 「グアヒラ・グアンタナメラ」の意味は? | トップページ | オッペンハイマー:キューバを知らない「キューバ通」 »

2011年12月25日 (日)

2011年度キューバ経済速報値

2011年度キューバ経済速報値

12月21日に発表された国連ラテンアメリカ・カリブ海経済委員会(CEPAL)の速報値と、12月23日にキューバの国会で発表された速報値からすれば、本年度キューバ経済は、次のとおりでした。

GDP(国内総生産)経済成長率は、計画の3.0%のところを2.7%(CEPALでは2.5%)で目標を下回りました。ラテンアメリカ全体では、4.3%の見込みです。キューバは、低成長が続いているといえます。理由は、投資の不足(74%)、一部の農業生産(2.0%)、食品工業、建設資材生産の未達成によるものです。農業は、特に豆、バナナ、豚肉、牛乳の生産が計画を下回り、輸入を増やさなければならず、16億7000万ドル輸入しなければなりませんでした。

続きは、添付のPDFをお読みください。

「11.12.25 2011年度キューバ経済速報値.pdf」をダウンロード

|

« 「グアヒラ・グアンタナメラ」の意味は? | トップページ | オッペンハイマー:キューバを知らない「キューバ通」 »

経済」カテゴリの記事