« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月28日 (日)

アメリカ「勢力圏」主義の形成と展開

アメリカ「勢力圏」主義の形成と展開
(『科学と思想』No.66、1987年10月)掲載、岡部廣治

      Ⅰ 「勢力圏」思想の形成

 アメリカ合州国という国は、領土の拡張を前提とする国として発足した。1787年7月13日に議会を通過した『北西部条例』は、オハイオ河以西への国の拡大のさいに守られるべき諸原則を規定したものだったし、おなじ年の9月17日に採択されたアメリカ合州国憲法の第4条第3項には、議会の承認によって新しい州が「連合」(ユニオン)に組み入れられうることが明記された。 事実、独立当時88万平方㌔しかなかった「十三州」は、現在50州、10倍以上もの937万平方㌔余となっている。
「アメリカ民主主義の父」トマス・ジェファスンも、1786年1月パリから、ケンタッキー州が連合州から脱退する可能性ありとの報せに懸念を表明しつつ、つぎのように知人あてに書き送ったのである。

「わが連邦の現在の領域が、すぐれた政府にとって大きすぎるということはない。わが連合州こそは、南北を問わず、アメリカ全土に住む人びとを送り出す巣と考えられるべきである」。

1823年12月2日に第5代大統領ジェイムズ・モンローの議会への『年次教書』 の形で発表された「モンロー主義」は、この考えを集大成したものであった。そこでは、「ヨーロッパ諸国間のそれら諸国自身にかんする事柄をめぐっての戦争に、われわれは一度も参加したことはないし、そうすることは、われわれの政策に合致するものでもない」とする一方、ヨーロッパ諸国が「それら諸国の体制を、この半球のどの部分にであれ、おしひろめようとするなら、そのような試み」を排除する決意であることを明言した。相互不干渉という形をとっているが、西半球内においては、アメリカ合州国が保護者的立場に立つべきであること、したがって、半球内の他国に干渉する権利を有することを内外に宣言したのであった。いいかえれば、西半球はアメリカ合州国の「勢力圏」であるとしたのであった。

続きは、添付のPDFをご覧ください。
「87.10.pdf」をダウンロード

|

2011年8月19日 (金)

最初のキューバ人社会主義者、パブロ・ラファルグ

最初のキューバ人社会主義者、パブロ・ラファルグ

ポール・ラファルグという人がいます。マルクス主義に関心がある人の中では、知られているでしょう。マルクスの娘婿、つまり、マルクスの次女、ラウラの夫だった人です。一般には、フランスの社会主義者、マルクス・エンゲルスの友人で、国際労働者協会(1864年創立、マルクスが創立宣言を執筆)総評議会の評議員、国際労働者協会のフランス支部、スペイン支部、ポルトガル支部の共同創立者、フランス労働党の創立者として知られています。

不破哲三さんは、「ポール・ラファルグというのは、フランス労働党の活動家ですが、インタナショナルでもマルクスに協力して大いに活躍しました。この夫妻あての手紙は、マルクス、エンゲルス書簡集のなかでも、非常に大きな比重をしめ、政治的、理論的に大事な内容のものが多いのです」というような、重要な人物でしたと述べています(『マルクス、エンゲルス革命論研究上』新日本出版社、2010年)。        ポール・ラファルグ→

実は、このポール(スペイン語ではパブロ)・ラファルグは、後年フランス国籍を取りますが、キューバ生まれのキューバ人だったのです。マルクスおたくの的場昭弘さんは、さすがにラファルグとマルクスの関係のエピソードを書いていますが(「ポール・ラファルグとラウラ・マルクス」雑誌『情況』2004年3月、4月号)、キューバでどう育ち、キューバの社会主義運動にどう影響したか、またラファルグの性格、ラウラとの結婚をめぐってのマルクスの態度までは触れていません。この点に関する史料は十分ではありませんが、キューバ、ラファルグとの関連で、若干分かるところを素描してみましょう。

続きは、添付のPDFでご覧下さい。
「11.08.19 ポール・ラファルグ.pdf」をダウンロード


|

2011年8月16日 (火)

苦悩するキューバ農業

「11.08.15 苦悩するキューバ農業.pdf」をダウンロード

苦悩するキューバ農業

キューバ有機農業信奉者には、なんだ? また、ためにする批判か?としか映らないでしょうか。なにしろ、「ソ連崩壊を契機に国中を有機農業に転換し、スペシアル・ピリオド(特別期間)を食料の自給で乗り切った国」なのでしょうから。「キューバ農業は、世界が手本にするわけ」のはずですが。

今月14日付のキューバ青年共産同盟(UJC)の機関紙、『フベントゥ・レベルデ』に、「統計では? 良い。経済は? もっと生産が必要」という辛辣かつ徹底した分析が掲載されています。同紙によると、2011年上半期、農牧畜生産は、6.1%増大しました。しかし拍手するのはやめようと言います。といいますのは、農産物及び肉類生産は、7.8%増加しましたが、販売額は5.7%減少、販売量は13.6%減少し、販売価格は、6%上昇したからです。この結果に、レネ・タマヨ記者は、「経済政策は進んでいるが、成果は上がっていず、期待されたものにも、必要なものともなっていない」と指摘しています。

続きは添付のPDFで。

|

2011年8月14日 (日)

CEPAL、ラテンアメリカ・カリブ海地域へのODA(政府開発援助)は、再考されるべきと報告

CEPAL、ラテンアメリカ・カリブ海地域へのODA(政府開発援助)は、再考されるべきと報告

8月10日―11日、チリのサンチャゴで、ラテンアメリカ・カリブ海経済委員会(CEPAL)主催により、ラテンアメリカ・カリブ海地域協議会が開催されました。同協議会で、アリシア・バルセナCEPAL事務総長は、ラテンアメリカ・カリブ海地域(ALC)へのODA(政府開発援助)は、再考されるべきと報告しました。

報告要旨は、次の通りです。

ラテンアメリカ・カリブ海地域のODA受取額は、2010年国民総所得の0.32%であった。しかし、2002年のメキシコのモンテレイ国際会議及び国連ミレニアム開発目標の第8目標で合意された0.7%まで増加する必要がある。

ラテンアメリカ・カリブ海地域(ALC)へのODAは、2009年世界総額の7%であった。一方アフリカは37%、アジアは30%であった。

所得による分類は、大部分のALCが属している中所得諸国の各国の特質性に対応していない。ALC諸国は経済的、社会的に前進しているが、内部で生み出された資金力は未だ十分ではない。したがって、国際的な、総合的、透明な、合法的支援が必要である。

国際的支援の仕組みとして、国際的な金融・石油取引への課税、航空機乗客連帯税等の現行の方式が討議された。また、協力と開発の金融を通じた貿易を推進する重要性も討議された。南南協力、三角協力は、重要な補完的なものであるが、ODAに代わるものではない。地域の金融統合を強化することも提案された。

各国は、税制改革、地域の発展のための銀行の再設置が必要と考える。

各国は、構造的課題、所得格差を改善するうえで、依然として、経済的、社会的保護の不平等、不十分な教育と職業訓練、生産性の問題、投資不足、系統的な融資の受取が困難、不十分な財政・税制などの問題を抱えている。

これらの問題は、低所得国のみが抱えているのでなく、中所得国も抱えている。

なお、アリシア・バルセナCEPAL事務総長の報告は、下記を参照ください。
スペイン語版:
要旨:
http://www.eclac.org/cgi-bin/getProd.asp?xml=/prensa/noticias/comunicados/7/44247/P44247.xml&xsl=/prensa/tpl/p6f.xsl&base=/tpl/top-bottom.xsl
報告:
http://www.eclac.cl/noticias/paginas/8/33638/ABfinanciamientodeldesarrolloFINALpptx.pdf

英語版:
http://www.eclac.org/cgi-bin/getProd.asp?xml=/prensa/noticias/comunicados/1/44251/P44251.xml&xsl=/prensa/tpl-i/p6f.xsl&base=/tpl-i/top-bottom.xsl

「日本のODAの現状とラテンアメリカ」については、2010年1月22日付本ブログでも紹介した雑誌『経済』2010年1月号掲載の前田恵理子論文を参照ください。

「日本政府の対キューバODA政策」については、2010年7月10日付本ブログの拙稿を参照ください。

(2011年8月14日 新藤通弘)

|

2011年8月13日 (土)

亡命キューバ人作家、カブレラ・インファンテについての本出版される

亡命キューバ人作家、カブレラ・インファンテについての本出版される

亡命キューバ人作家、ギジェルモ・カブレラ・インファンテ(1929-2005)についての評論が、キューバで出版されました。ハバナ大学を出たばかりのエリザベス・ミラバルとカルロス・ベラスコによる『報道記者の歩みについて―1965年までのキューバにおけるギジェルモ・カブレラ・インファンテの知的作業』で、キューバ作家・芸術家同盟(UNEAC)出版より、刊行されました。これは、2009年にUNEACのエッセイ賞を受賞した作品です。なお、UNEACは、現在9,000人余の会員を擁する会です。

カブレラ・インファンテは、1965年にベルギーに亡命し、その後ロンドンで執筆活動を行いますが、国際的にも高く評価されている小説家、評論家で、1997年にはスペイン語圏で最高の文学賞、セルバンテス賞を受賞しています。日本でもキューバ文学の愛好者の中では、よく読まれている作家です。

しかし、キューバでは、65年に亡命したことから、その後、代表作のひとつ『三頭の悲しき虎』などの作品は出版されず、無視された時期が続きました。

続きは、別添PDFをご覧ください。
「11.08.14 亡命キューバ人作家、ギジェルモ・カブレラ・インファンテについての本出版される.pdf」をダウンロード

|

2011年8月11日 (木)

キューバの一党制の形成過程

キューバの一党制の形成過程

現在、世界のいろいろなところで、一党支配体制が問題となっています。キューバも、キューバ共産党の一党制です。一体、キューバで、どのような歴史的経過から、一党制が形成されたのでしょうか。

キューバの中学生用教科書『キューバ史』では、「諸政党は解散された」とのべられています。『キューバ共産党第1回大会中央委員会報告』では、「抑圧に奉仕した諸政党は、解体した」となっています。カントン・ナバーロの『キューバ史』では、「従来の諸政党は、専制政治の共犯者であったことから、信頼が失墜し、自動的に解体した」となっています。レイセスター・コルトマンは、著書『カストロ』で、「一月当初、すべての政党は、当面廃止された」と述べています。

果たして、諸政党は、臨時革命政府の法令か、指令によって解散させられたのか、それとも事実上次第に解体し、消滅したのか、歴史的な意味がまったく違います。どのように一党制となったかは、一党制からの脱却を考える意味においても、参考になることと思われるからです。しかし、キューバで発行された歴史書や年表でもこのことを詳細に論じたものは見当たりません。当時のことを良く知っているキューバの友人達に聞いても、解散させられたという説と、自動的に消滅したという二つの説が帰ってきます。ここで、当時の歴史を史料にもとづいて振り返ってみましょう。

続きは、PDFをご覧ください。
「11.08.12 キューバの一党制の形成過程.pdf」をダウンロード

|

2011年8月10日 (水)

映画『ハバナステーション』が大ヒット!

映画『ハバナステーション』が大ヒット!

今、キューバで、映画『ハバナステーション』(Habanastation)が大ヒット中だと伝えられています。作品は、最近にしては珍しく、海外の映画会社との合作でなく、キューバ文化省、キューバ・ラジオ・テレビ庁(ICRT)、キューバ映画芸術・産業庁(ICAIC)の共同制作で、イアン・パドロン監督の初作品の長編劇映画です。ジャンルは、キューバ映画得意の社会派コメディーです。

この映画は、7月の中旬に全国の300劇場で封切られて、わずか20日間で31万人以上が見たといわれています。また、つい1週間前、この映画は、米国の著名は記録映画作家マイケル・ムーアが主催する米国のミシガン州のトラバース市映画祭に参加し、最優秀作品賞を獲得しました。上映会では、観客は大変感動して、スタンディング・オーベーションで作品を称えたと報道されています。8月30日にはマイアミでの上映が予定されています。

一体、何がキューバにおいて、米国において感動を呼んでいるのでしょうか。私は、未見ですが、伝えられているところを紹介しましょう。

続きは、PDFでご覧ください。
「11.08.09 映画、ハバナステイションが大ヒット.pdf」をダウンロード

|

2011年8月 6日 (土)

キューバ、自然エネルギーへの転換と有機農業で危機を克服?増補版

キューバ、自然エネルギーへの転換と有機農業で危機を克服?

「チェ」・ゲバラさんの娘さん、アレイダ・ゲバラさんが来日し、各地で講演を行っています。3度目の来日ですが、時節柄、キューバの核政策についての質問に答えることが多いようです。そうした中に、ネットでこういう文章があり、驚きました。

「チェルノブイリ事故が起きた時、キューバではキューバ史上初の原発を建設中で70%まで完成していたが、事故を知ったカストロ議長が急遽建設中止を決定、 以来一度も稼動することなく原発の建物だけが現在も残っているそうです。さすが、カストロ。金より、命」。

「キューバは、1991年、それまで石油の大半を依存していたソ連が崩壊したことにより極めて深刻なエネルギー不足に陥りました。国民の生活 も困窮を極め、キューバ国民が「special period」(非常時)と呼ぶ苦難の時代を迎えました。キューバは、建設中であった原発を中止し、自然エネルギーへの転換と有機農業への模索を開始し、やがて、この苦難の時代を克服します」。

いずれも、キューバとの友好を、反核政策を善意で考えている人びとの文章のようですが、その善意は評価するとしても、事実は、本当にそうなのでしょうか。最初の文章は、秋田大学の講演として伝聞調で書かれているので、アレイダさんが、述べたようにも思われますが、たとえ彼女がこれまで反核運動に携わってきたわけではないとしても、まさか、こんなでたらめなことはいわないでしょう。聞き手の、聞き違いか、記憶違いでしょうか。それにしてもひどい内容です。


続きは添付PDFをお読みください。
「11.08.06 キューバ、自然エネルギーと有機農業で危機を克服?増補版.pdf」をダウンロード

|

2011年8月 5日 (金)

キューバの人気作家、レオナルド・パドゥーラのインタビュー

キューバの人気作家、レオナルド・パドゥーラのインタビュー

キューバにレオナルド・パドゥーラ(1955年ハバナ市生まれ)という推理小説作家がいます。日本では、『アディオス、ヘミングウェイ』宮崎真紀訳(ランダムハウス講談社、2007年)が出版されていますが、あまり知られていません。しかし、キューバでも、国際的にも、マリオ・コンデ警部補シリーズで広く読まれている作家です。代表作『秋の風景』で、1998年、ダシール・ハメット国際推理小説賞を受賞した他、キューバ国内でも数々の賞を受賞しています。最新作の小説、『犬を愛した男』(エディシオネス・ウニオン、ハバナ、2010年)、メキシコにおけるレオン・トロツキーの暗殺事件(1940年)の首謀者、ラモン・メルカデルの人生を描いたもので、発売と同時に売り切れてしまいまいました。キューバ国内では、もっとも人気のある作家のひとりといってもよいでしょうか。

その彼が、最近、ドイツの通信社DPAとキューバでインタビューを行い、その内容の大胆さ、真摯さ、率直さ、的確な政治・社会分析から、広く配信され、内外で共感を読んでいます。そのハイライト部分を紹介しましょう。

続きは、PDFファイルでお読みください。
「11.08.05 キューバの人気作家エオナルド・パドゥーラのインタビュー.pdf」をダウンロード

|

2011年8月 2日 (火)

ラウル・カストロ議長の国会演説

ラウル・カストロ議長の国会演説

第7期通常国会が、7月31日から二日間開催され、8月1日には、ラウル・カストロ議長が閉会演説を行いました。

国会では、4月にキューバ共産党第6回大会で承認された「党と革命の経済・社会政策路線」が討議され、承認されました。「路線」は、すでに7月23日に、拡大閣僚評議会(閣僚評議会委員の他に政府省庁幹部、大衆組織幹部も出席)で承認されていますので、立法・行政機関でも承認され、これで、政府が、「国の機能、構造、経済の変革を実行する」法的基盤が確立されたことになります。

同時に、第6回大会で承認された、マノーロ・ムリージョ・ホルヘ閣僚評議会副議長が、委員長を務める「路線の導入と発展のための政府常設委員会」の設置も、閣僚評議会と同様に、今期国会でも承認されました。

続きは、添付PDFをご参照ください。

「11.08.01 ラウル・カストロ議長の国会演説.pdf」をダウンロード

|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »