« 7・26記念集会で、ベントゥーラ副議長は何を話したのか? | トップページ | ラウル・カストロ議長の国会演説 »

2011年7月31日 (日)

キューバが、カリブ海最大の島でなくなる?

キューバが、カリブ海最大の島でなくなる?
―深刻なキューバの少子化、高齢化問題―

キューバは、2010年現在、人口11,241,161人であり、人口においても、面積においても(11万1千平方㎞)、「カリブ海最大の島」といわれている。これまで「カリブ海最大の島」といえば、キューバを指し、キューバの代名詞だったのである。

しかし、最近の人口推移が続けば、2019年には、隣の島のドミニカ共和国(面積4万8千平方㎞)に、2022年にはハイチ(面積2万8千平方㎞)にも人口が抜かれ、人口においては、「カリブ海最大の島」ではなくなる。少子化、高齢化問題は、キューバ社会の深刻な問題となっている。

続きは、添付のPDFでご覧ください。
「11.07.31 キューバは、カリブ海最大の島ではなくなる?.pdf」をダウンロード

|

« 7・26記念集会で、ベントゥーラ副議長は何を話したのか? | トップページ | ラウル・カストロ議長の国会演説 »

社会」カテゴリの記事