« ペルー、大統領選挙、より少なく悪い候補の選択だったのか? | トップページ | 昔々、会議がありました・・ »

2011年6月 8日 (水)

ペルー大統領にウマラ氏 新自由主義転換訴え 左派政権誕生へ

6月5日に行われた、ペルー大統領選決選投票は、開票率99.3%でオジャンタ・ウマーラ候補が51.55%、ケイコ・フジモリ候補が48.45%を獲得し、ウマーラ候補の勝利が確定しました。

左派のウマーラ候補は、なぜ勝利したのか、『しんぶん赤旗』の菅原啓特派員が、的確な分析を行っていますので、以下に紹介します。

「11.06.07 ペルー大統領にウマラ氏 新自由主義転換訴え 左派政権誕生へ.pdf」をダウンロード

|

« ペルー、大統領選挙、より少なく悪い候補の選択だったのか? | トップページ | 昔々、会議がありました・・ »

ラテンアメリカ分室」カテゴリの記事