« 書評、イグナシオ・ラモネ著、伊高浩昭訳『フィデル・カストロ-自ら語る革命家人生』 | トップページ | キューバ情勢公開講演会教室変更のお知らせ »

2011年5月18日 (水)

キューバ式離婚事情

キューバ式離婚事情
雑誌『女性たち』*第538号、2011年5月12-18日号。
サラ・マス
*キューバ女性連盟(FMC)機関誌
(安井 佐紀訳)

意思の疎通の不足、嫉妬、暴力、愛の冷却、幻滅、同居の難しさ、新しい愛、和解できない相違点、プライバシーや住居の不足、あるいは単なる疎遠が、今日、少なからずのキューバ人の男女がパートナー生活を終える理由の長いリストに並んでいる。それは、法的な離婚であれ(もし正式な結婚であるならば)、あるいはフリーな結婚の場合の関係の解消であれ、同じである。

確かなことは、このカリブの島、キューバでは、人びとは、簡単にまた頻繁に、結ばれ、別れるということである。そこでは、現在のキューバの家族の傾向の一部として、いろいろなパートナーと一緒に生活することを何度も繰り返すこと、合意による結婚や、またその関係の解消や、法的離婚の増加が見られる。

法的でない関係の解消を数値で示すことは、不可能である。しかし、もしそれらの関係の解消を考慮すると、公式な統計が示す「キューバ式離婚」の数よりも、はるかに多いものとなるだろうと推測される。

続きは、添付のPDFをお読みください。
「11.05.15 キューバ式離婚事情.pdf」をダウンロード

|

« 書評、イグナシオ・ラモネ著、伊高浩昭訳『フィデル・カストロ-自ら語る革命家人生』 | トップページ | キューバ情勢公開講演会教室変更のお知らせ »

社会」カテゴリの記事