« キューバ共産党第6回大会、第3日目 | トップページ | オッペンハイマーの予見力 »

2011年4月21日 (木)

キューバ共産党第6回大会、4日目、最終日

キューバ共産党第6回大会、4日目、最終日

第6回党大会は、19日最終日に中央委員115名を選出し、第1回中央委員会総会を開催し、中央委員会第一書記、第二書記、政治局員15名を選出しました。

閉会式には、フィデル・カストロ前第一書記がジャージー服姿で出席し、満場の拍手を受けました。フリオ・カマチョ中央委員が、第一書記にラウルが選出されたことを報告、続いて、ラウル第一書記が、マチャード中央委員が第二書記に選出されたことを報告し、15名の政治局員を一人ずつ紹介しました。そして、マチャード第二書記が、2012年1月28日に全国会議を開催するとことを宣言しました。閉会演説は、ラウル第一書記が行い、フィデル前第一書記は発言しませんでした。大会は、最後に、インターナショナルを代議員全員が歌って閉幕しました。

続きは、別添のPDFを参照ください。
「11.04.19 キューバ共産党第6回大会閉幕.pdf」をダウンロード

なお、大会の名称は、「キューバ共産党第6回大会」で統一します。

|

« キューバ共産党第6回大会、第3日目 | トップページ | オッペンハイマーの予見力 »

国内政治」カテゴリの記事