« オリジナル、それともコピーが欲しいの? | トップページ | カーター元大統領の良心 »

2011年3月29日 (火)

キューバでのチャリティ・コンサート

キューバでのチャリティ・コンサート

在キューバ日本大使の西林万寿夫さんが、ハバナ市で、3月8日、バイオリン・コンサートを行いました。ハバナの旧市街にあるサン・フェリーペ・ネリ礼拝堂でキューバ盲人協会へのチャリティ・コンサートです。

1103_charity


会場一杯の200人程度の外交団、キューバ人市民が西林大使のバイオリンと大使夫人の喜久子さんのデュエット、西林さんとハバナ室内アンサンブル「ハバナのソリストたち」とのバイオリン協奏曲を熱心に聴き入りました。

プロ級の水準といってもよい、西林さんの演奏と、ハバナ室内アンサンブルの熱演に聴衆より、称賛と連帯の長い拍手が送られました。

おそらくは、日本人外交官として、初めてのチャリティ・コンサートで、各国代表団は交換ペソで、キューバ人聴衆者は、国内ペソでそれぞれ寄付を行いました。

キューバ人盲人協会(ANCI)は、1975年に設立され、全国169の基礎行政区すべてに支部があり、現在、会員数は、3万人余です。ラテンアメリカ盲人連合(ULAC)、世界盲人連合にも加盟し、スペイン、ノルウェー、スウェーデンなどの盲人協会と交流があります。点字の雑誌「ファロ(灯台)」が、4カ月に一度、点字小冊子「ANCI」が4カ月に一度、印刷雑誌「ファロ」も発行されています。また、点字による古典小説シリーズも発行されています。

Logo_anci


キューバの視覚障害者は、全盲者も弱視者もできるだけ社会生活に参加することを基本としています。文化レクレーション、学習、生産活動にも参加しています。生産面では、繊維産業で、装飾衣料、ロープ、造花などを工場で作っています。

キューバ人盲人協会(ANCI)は、キューバ政府の社会保障政策のもとで庇護されているとはいえ、発展途上国であるうえ、近年の政府財政が困難な中で、少なからずの問題も抱えています。

こうした困難を抱える社会の中で、国や、社会体制の立場を超えて社会的弱者の支援政策に協力することは、爽やかな印象を与えるものでした。また、キューバにおいて、近年急速に一部の富裕層が出現して、格差が拡大しています。こうしたとき、キューバ社会の特色であった市民の連帯意識を改めて考える意味でも、国と市民、それぞれが、経済改革の中で社会保障に新たにどう関わったら良いかを考える意味でも、良い機会であったかも知れません。

2011年3月29日 新藤通弘

|

« オリジナル、それともコピーが欲しいの? | トップページ | カーター元大統領の良心 »

社会」カテゴリの記事