« 最近のキューバの改革は民営化か? | トップページ | エルネスト・チェ・ゲバラ「原爆の悲劇から立ち直る日本」(本邦初訳) »

2010年7月 2日 (金)

アルゼンチンタンゴ映画「CAFÉ DE LOS MAESTROS(伝説のマエストロたち)」

親友の淡谷さんから、アルゼンチンタンゴ映画「CAFÉ DE LOS MAESTROS(伝説のマエストロたち)」についての感動的な文章を寄せていただいた。ラテンアメリカには、サルサ、タンゴなどいろいろな歌と踊りがあり、それらは、人びとの人生そのものでもある。以下、ご紹介する。

友人の皆様

新着アルゼンチンタンゴ映画「CAFÉ DE LOS MAESTROS(伝説のマエストロたち)」について

6月18日付朝日新聞夕刊の半面に大きな広告が掲載されたアルゼンチンタンゴ映画、「CAFÉ DE LOS MAESTROS(伝説のマエストロたち)」、情熱と感動のライブ映画の初日、初回を観てきました。館内は満員、マテ茶プレゼント付で、2回目もチケット売り切れの大盛況でした。
Cafe_de_los_maestros


まさに、「タンゴ」の醍醐味を心行くまで味わいました。戦後最高の音楽映画の一つといわれた、「BUENA VISTA SOIAL CLUB」を月刊『HIFI』誌は、そのDVDを一家に一枚と推奨し、ボクの映画評・採点は120点ですが、今日のこの映画は、感動、誇り、勇気、感涙に加えてBVSCの最終場面がニューヨークのカーネギーホールであったのに対し、日本から最も遠いブエノス・アイレスのコロン劇場(ミラノ・スカラ座、パリ・オペラ座と並び世界三大劇場の一つ、1908年開所l)であったこと、そして情熱のほとばしるサロンダンスであったことを上乗せして、採点は140点でした。タンゴ・ファンならずとも、感動に巻き込まれる2006年ラテン・グラミー最優秀賞にも輝いた秀逸のシネマでした。
Teatro_colon_2


渋谷ル・シネマではLAND’END製のロゴ付きT-シャツ3,300円(ちょっと高すぎました)、タンゴのイメージと重なる赤バラ「情熱の花言葉」オリジナル・リザーブド・フラワー1,680円、そしてタンゴの踊る姿のラベルのアルゼンチン・メンドーサ産、NORTON社のマルベック・ワイン「ロ・タンゴ」(フルボディですが3,300円)、CDなども販売されています。

では、拙文が、この優秀映画を観る機会になればと期待します。
¡Viva el cinema, Venceremos!

2010年6月26日 東京・練馬、淡谷真一郎

|

« 最近のキューバの改革は民営化か? | トップページ | エルネスト・チェ・ゲバラ「原爆の悲劇から立ち直る日本」(本邦初訳) »

ラテンアメリカ分室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近のキューバの改革は民営化か? | トップページ | エルネスト・チェ・ゲバラ「原爆の悲劇から立ち直る日本」(本邦初訳) »