« オバマ政権の対ラテンアメリカ政策の本質は何か?(2) | トップページ | 経済危機への対応と歴史的な課題に取り組むキューバ »

2009年12月22日 (火)

キューバ情勢講演会のお知らせ

「現代キューバ研究所」第2回公開講演会のお知らせ

~革命勝利50周年を経て 2009年の回顧と2010年の展望~

無料の医療制度や教育制度の成果は世界的に注目を集め、ここ数年、日本でもひそかなキューバブームが起こりました。しかし、革命勝利50周年を経たキューバは、貿易収支の大幅な赤字、農業、製造業の低迷などで経済的に大きな岐路に立たされています。キューバは、そうした困難な中でも博愛の精神を維持し、新しい形の社会主義を模索し続けています。新藤通弘さんは、長年、ラテンアメリカ諸国を訪問し、研究し続けてきたキューバ研究の第一人者です。その新藤さんが、キューバの2009年を振り返り、新しい年の展望を語ります。キューバは、今後どこに向かうのか、改革はどう進むのか。非常に興味深いテーマです。ぜひ、ご参加ください!

日 時:2010年1月21日(木) 19:00~21:00(受付 18:30~)

場 所:明治大学お茶の水校舎リバティ・タワー10階 1075教室
東京都千代田区神田駿河台1-1
(最寄り駅/JR線・御茶の水駅、東京メトロ・御茶ノ水駅、新御茶ノ水駅、神保町駅)
会場までの地図:http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

資料代:1,000円

詳細は、別添ファイルご参照ください。
「10.01.21 第2回講演チラシ.pdf」をダウンロード

|

« オバマ政権の対ラテンアメリカ政策の本質は何か?(2) | トップページ | 経済危機への対応と歴史的な課題に取り組むキューバ »

イベント案内」カテゴリの記事