« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月24日 (火)

キューバ経済・投資セミナーのご案内

在日キューバ共和国大使館主催で、『キューバ―経済と投資政策―』セミナーが、12月1日(火曜日)、開催されます。

キューバ経済に関心がある方、あるいは投資に関心がある方には、格好の勉強の機会です。

日 時: 2009 年12 月1 日(火) 14:00 ~ 16:00 (受付開始: 13:30)
会 場: ジェトロ 9BCD 会議室 (東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル9 階)
主 催: キューバ共和国大使館
参加費: 無料
事前申し込み必要。
「09.11.24 キューバ経済・投資セミナーのご案内.pdf」をダウンロード


詳細、別添資料ご参照ください。

|

2009年11月23日 (月)

日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会講演会のお知らせ

日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会学術研究委員会主催講演会のお知らせ

紅葉がますます深くなってきました。みなさん、いかがお過ごしですか。
革命勝利から50周年を迎えたキューバからオマール・ペレス教授が来日されました。
改革派の経済学者であるオマールさんの来日を記念して、「キューバ革命の50年とラテンアメリカの社会主義」と題して講演会を開催します。


               記
と き 09年12月5日(土)午後2時~5時
ところ 明治大学駿河台校舎 研究棟4階 第6会議室階
JR御茶ノ水駅下車(新宿より出口)徒歩5分
お話し 「キューバ革命の50年とラテンアメリカの社会主義」

オマール・エベルレニイ・ペレス・ビジャヌエバ教授略歴
(Omar Everleny Perez Villanueva)
1960年生まれ。1984年から現在まで国立ハバナ大学キューバ経済構造及び経済担当教授、国立ハバナ大学附属キューバ経済研究所副所長。2000~2001年にハバナ市経済担当副市長顧問を務める。
おもな著書に「Omar Everleny Pérez Villanueva ed.
Cuba: Relexionessobre su economía, Universidad de La Habana, La Habana, 2002
※ 言 語:スペイン語 ※日本語通訳つき
参加費     1,000円

参加希望者は、下記にご連絡ください。
日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会(日本AALA)
Japan Asia Africa Latin America Solidarity Committee
TEL:03-5363-3470 FAX:03-3357-6255  

|

2009年11月22日 (日)

キューバ経済は今?

キューバ経済は、今どこに向かおうとしているのか。オマール・エベルレニ・ペレス、ハバナ大学教授、キューバ経済研究所副所長のインタビューが、『しんぶん赤旗』に掲載されました。以下ご紹介します。

「09.11.21 Entrevsita Akajata.pdf」をダウンロード

|

2009年11月21日 (土)

ラテンアメリカはどこに向かうか?

ラテンアメリカで次々と誕生した左翼政権。

長い間、米国と国内の少数支配層の支配に苦しめられた国民が、「新自由主義」で破壊さてた社会から、「国民のための政治経済」への変革を作りだしたパワーとは何だったのか?

こうしたラテンアメリカの変革は、どこに向かおうとしているのか?

キューバ、ベネズエラなど南米に長く滞在し現地を見聞した研究者が豊富な体験を基にリアルに分析し語る講演です。

自民党政治から変革の第一歩を歩み始めた日本で、これから私たちがどう運動を発展させていったらよいのか。みんなで学び考える学習会を企画しました。

11月27日(金)午後6時45分~
場所:エデュカス東京、JR市ヶ谷駅、有楽町線麹町駅
テーマ:新自由主義から国民主体の政治・経済へ―ラテンアメリカの変革を作り出した国民の運動
講師:新藤通弘 アジア・アフリカ研究所所員、城西大学講師
主催:千代田九条の会
資料代:500円

どなたでも自由に参加できます。

詳細、別添参照。
「09.11.27 講演会案内ビラ091003版.doc」をダウンロード

|

2009年11月17日 (火)

講演会のご案内

オバマ政権の経済・外交戦略をめぐって--

公開 講演・討論会を開催いたします。要領は以下のとおりです。

--------------------------------

日時: 11月20日(金)17:00~19:00

会場: 駒沢大学(駒沢キャンパス)大学会館 2階会議室

  駒沢大学へは,渋谷駅から地下鉄「田園都市線」で3つ目の駅
  「駒沢大学」駅で下車,学生の流れにのってあるれば たどりつけます

講演: オマール・ペレス教授(キューバ国立ハバナ大学 経済学部)

テーマ: オバマ政権の経済・外交戦略(通訳つき)

  講演のあと,質疑・応答,討論の時間があります


参加対象: どなたでも参加できます。参加費用は無料。
  関心をお持ちの方をお誘いあわせのうえ,ご参加ください。

その他: 終了後,駒沢界隈で懇親会をおこないます
  (参加費用は各自の負担)

お問い合わせ: 瀬戸岡(駒沢大学 経済学部)
  (03)3418-9357(研究室直通/留守番機能つき)
  setooka@komazawa-u.ac.jp

|

2009年11月12日 (木)

東京国際大学 キューバ・サルサ・フィエスタ

日本・キューバ修好80周年記念
東京国際大学、キューバ・フイエスタ
2009年11月19日(木)17:00~19:00
場所:第一キャンパス食堂2ラウンジ 入場料無料

学外者も自由に入場できます。

出演バンド:Son Sabrosón
Pedro Valle (Sax, Flute), Alejandro Palacios (Vocal, Bass), Ludwig Nuñez (Perc), Hisayo Okumura (Piano)
Sonsabroson1_2009_10_pedro_alejandr

キューバ人、サルサ・プロダンサーも参加!!

第一部 キューバ音楽を知ろう 30分
キューバのリズム、ダンスについて説明。
また、キューバの楽器、太鼓(トゥンバドーラ)、グイロ、クラーベ、マラカスなどについての説明。
リズム
ワワンコ(アフリカ系のパーカッションのみで演奏するキューバ固有のリズム。このダンスを説明し、踊り方を教える。
ダンソン、コントラダンサなどについて説明。
チャチャチャ。踊り方の模範と踊り方を教える。
ソン:キューバで最も人気あるリズム。サルサの源流。踊り方の模範と踊り方を教える。

第Ⅱ部 みんなで踊ろう 
ライブ 1時間 各30分ずつ。
1- Son de la loma ソン・デ・ラ・ローマ(ソン)
2-El cuarto de tula トゥーラの部屋(ソン)
3-Cha cha cha Rico Vacilón チャチャチャ・リコ・バシロン(チャチャチャ)
4-Amalia Batista アマリア・バティスタ(グアラチャ・ソン)
5-Pare Cochero パレ・コチェーロ(ソン・モントゥーノ)
6-Guantanamera グアンタナメーラ(グアヒーラ)
7- Rico Mambo リコ・マンボ(マンボ)

東京国際大学 第一キャンパス
埼玉県川越市的場北1-13-1 東武東上線霞が関駅下車5分。

|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »