« それからのホンジュラス(3) | トップページ | キューバ情勢講演会のお知らせ 講師オマール・エベルレニイ・ペレス教授 »

2009年9月26日 (土)

キューバ革命における神話

 最近、キューバとの友好を進めているある団体主催の講演会の報告内容を見て、不正確な内容が多いことに驚いた。講師は、著名なジャーナリストである。しかし、その内容には、少なからずの誤りが見られる。そのほんの一部を見てみよう。重要な箇所2か所を取り出してみる。1953年のモンカダ兵営襲撃と1956年のグランマ号による上陸作戦についての箇所である。読者はいくつの誤りを指摘できるであろうか。

講師は次のように述べている。

「モンカダ兵営襲撃事件が起きる。その頃、サンチャゴ・デ・クーバには政府軍の兵舎があり、2000人の兵士がいる所を、165人の若者がずさんな計画の下襲撃をしたが、失敗しその半分は殺されてしまう」。

「カストロは、はじめはキューバ革命だから、キューバ人以外は参加させないとしていたが、ゲバラが医者であることから軍医にと思ったか事情はわからないが、参加させることになった。そして、メキシコからキューバへ『グランマ号』で渡ることになったが、無謀にも、12人乗りのクルーザーに82人が乗船。目的地に着いたのは、銃撃等で12人になったが、シエラ・マエストラに着いた時カストロは、『これで成功した』と言った」。

ジャーナリストらしく手慣れた表現で、さもありなんと思わせる。しかし、キューバの各種資料を検討すれば、事実は次のとおりである。

モンカダ兵営の駐屯兵力:
将校88人、兵士288人、農村警備隊26人、合計402名が駐屯していた。2000人の兵力であれば、2000対133人の兵力の差は、15対1で、それも奇襲攻撃を行うゲリラ戦でなく、兵営を襲撃する正面作戦である。いくらカストロが若気の至りとはいえ、こうした兵力の差を無視して戦うことはしない。一般には城攻めは、3倍以上の兵力を要するといわれている。兵営は城とは違うが、兵力は3対1であり、それならば、戦闘になりうるものであった。カストロも後年、偶然の事故で不利となり退却したが、それがなければ勝利の可能性はあったと述べている。

襲撃参加人数
最初の計画では、カストロは、合計165名に参加を呼びかけた。サンティアゴに138名、バヤモに27名の予定であった。サンティアゴ郊外のシボネイ農場には、135名が集結。しかし、7月26日の早朝、21名が脱落。早朝5時15分、第二の都市サンチャゴ・デ・クーバで、フィデルが指揮する90名の青年たちがモンカダ兵営を襲撃、同時にアベル・サンタマリアが指揮する21名が「サトゥリーノ・ローラ」市民病院を、ラウルが指揮する10名が裁判所広場を襲撃した。また、サンチャゴから80キロ離れたバヤモでもカストロの指示によりニコ・ロペスが指揮する22名(5名不参加)がバヤモ兵営を襲撃した。したがって、実際に襲撃に参加した若者は、合計143名であった。

革命側の死亡者数
165名の半分、82名ではない。戦闘で5名が死亡、その後56名が逮捕され、殺害された。つまり、戦闘員143名のうち、61名、43%である。

グランマ号遠征隊には外国人はゲバラ一人であったか?
グランマ号にはアルゼンチン、ドミニカ、メキシコ、イタリア人の4名の外国人がいた。キューバ革命は、キューバ人が組織し、開始した革命であり、キューバ革命指導部とゲバラが組織し、実行したボリビアでの反乱と違っている。7・26運動は、とくにキューバ人と限らなくても、キューバ人が進める革命であり、外国人でも革命の目的に賛成する人びとは受け入れたのである。

グランマ号の定員数
12名でなく、7人。

上陸作戦での生存者数:
82名のうち、12月5日の戦闘で、3名が死亡、21名が、戦闘後2-3日以内に逮捕され、処刑、22名が逮捕され、拘禁された。19名が、行方不明となる。したがって、30数名が生存者であった。しかし、その後、シエラ・マエストラでカストロ軍に再集結し、戦闘を継続したのは、20名であった。12名のみが生存したということはない。

カストロが、革命が勝利したと述べた事実:
12月18日、ラウルのグループ5名と再会し、フィデルは、感動して、
「君たちは、戦闘服を着て、弾薬、銃5丁をもって来たのか!銃は、私たちの2丁と合せて7丁だ。今日こそ、圧制者バチスタの命運はつきたのだ」
と述べた。

シエラ・マエストラの最高峰、ピコ・トルキーノの山頂で、12人がクリスマスの日に、われわれは勝利したというのは、劇的で感動的であるが、そういう事実はない。このクリスマスの日、18名の生存者は、協力者モンゴ・ペレスの家で、ささやかな食事とワインを飲んでいるだけである。12人のこの神話は、L.ヒューバーマン/P.M.スウィージー『キューバ―一つの革命の解剖―』池上幹徳訳(岩波新書、1960年)にも出てくると反論する方がいるかもしれないが、70年代以降キューバで書かれた戦史書には、まったく出てこない。フィデルは、ラウルと会ったとき、カルロス・マヌエル・デ・セスペデスが独立戦争のときに、困難な状況の中で、「まだ12人いるではないか。これで十分、独立戦争を戦うことができる」と叫んだいわれにちなんで、述べたのであると自ら後年語っている。12人の神話の原点をたどると、ジュール・デュボアの本にあるようである(Jules Dubois, Fidel Castro: Rebel-Liberator or Dictator? Bobbs-Merrill, New York, 1959, pp.144-145)。

(岡 知和)


|

« それからのホンジュラス(3) | トップページ | キューバ情勢講演会のお知らせ 講師オマール・エベルレニイ・ペレス教授 »

歴史」カテゴリの記事